BLOG

旅人の定番ドコロで舌鼓。おすすめの台湾グルメ3選

2014年06月18日 01時02分 JST | 更新 2014年08月15日 18時12分 JST

『千と千尋の神隠し』の舞台をはじめ、数多くの魅惑の場所がある台湾。それと同時に、安くて美味しい台湾グルメを求めて足を運ぶ人も少なくありません。

今回は、台湾を訪れたなら食べておきたい、お手軽絶品グルメをご紹介します。

(1)世界に認められた小龍包のお店「ディンタイフォン」

tin

写真:「癒しの台湾旅行記」より

まず初めにご紹介するのは小龍包で有名な「ディンタイフォン」(鼎泰豊)というお店。

台湾に本店を構え、世界に多くの支店を持つ世界中で人気のレストランです。小龍包がメインですが、麺類やスープ、チャーハンなどもあります。点心メニューも、野菜餃子やエビ焼売、四川風の辛めの小龍包など充実していてます。そして小龍包を頼むと決まって出てくるのが、千切りの生姜がたっぷりと入ったタレで、これがジューシーなお肉とさっぱりした生姜の相性は抜群! 小龍包の食べ方も教えてくれるので、より本場の味を味わうことができます。

また、デザートとして小龍包の皮であんこを包んだものもあるので、小腹が空いたときにおやつ感覚で食べるのも楽しみ方のひとつです。

多くの観光客が訪れるため、毎日混雑が予想されます。予約すれば短い旅行時間を有効に使えるはず!予約することをオススメします。

(2)ノスタルジックな「九份茶房」で頂く、伝統的な味

きゅうふん

写真:「台北、九份の旅」より

台湾と言えばやはり『千と千尋の神隠し』の舞台となった九份は見逃せません。夜空いっぱいに浮かぶ、赤く光る提灯のゆらめきは、どこか懐かしい妖しげな雰囲気。そんなノスタルジックな空間には、台湾茶を思う存分楽しめるスポットがたくさんあります。今回は「九份茶房」というカフェをご紹介します。

お寺のような少し古びた扉を開くと、そこにはアンティークな家具や雑貨がずらり。メニューも充実していて、どのお茶を頼むか迷ってしまいます。伝統菓子と共にいただけば、より台湾茶の繊細な味が引き立ちます。上品な風合のオリジナルの茶器を見るのも楽しいですね。格安旅を主な旅スタイルとするバックパッカーの方などに、ぜひとも行ってもらいたいスポットです。

(3)活気溢れる地元の味

かき氷

Momoko Nishikawa「台北女子旅!グルメ&ショッピング!」より

夜が更けるにつれて、地元の人々で活気をみせる屋台。台湾の激安屋台はグルメの宝庫なのです。

まず、ご紹介するのは臭豆腐。名前の通りものすごい臭いで、屋台から放つ異臭で誰しもが何処で売られているか気づくはず。これは野菜などを発酵させた汁に、豆腐を漬け込んだもの。地域によって食べ方は様々で揚げ豆腐に豆板醤をつけて食べるのが台湾風です。予想以上のニオイに食べられないという方が多いんだとか。しかし、普段納豆を食べている日本人にはクセになる味かも?!

そんな臭豆腐はちょっと......という方には、甘くてボリューム満点のかき氷をオススメします。実は、台湾は知る人ぞ知るスイーツ国。南国ならではのフルーツがてんこ盛りのかき氷から、タピオカと黒糖で上品な味わいのものまでバリエーション豊か。かき氷はどれもサイズが大きいので友達とシェアしたりするのが良いかも。

台湾グルメの魅力は安い!美味しい!に尽きます。本場の台湾料理で胃袋も心も満たしてみては?

■Kei Izawa癒しの台湾旅行記 

■Ryo Kaga台北、九份の旅 

■Momoko Nishikawa台北女子旅♡ グルメ&ショッピング!

ライター:山本萌

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT

A Virtual Tour of Taiwan's Bizarre Southeastern Coastline