BLOG

女性はもちろん男性も!よくばりな夢を叶えるタイの魅力を紹介

2015年08月02日 01時30分 JST | 更新 2016年07月28日 18時12分 JST

こんにちは! TRiPORTライターの小林香織です。大人になると、なかなかうまく確保できない夏休み。でも、やっぱり夏休みは無理やりにでもどこかへ出かけたい! ということで今回は、夏休みにぜひ訪れてほしい「よくばりな夢を叶えるタイの旅」をご提案します。

タイは物価が安く人々は温厚。夏に食べたくなるスパイシーな料理も堪能できます。そして、なんといっても歴史を感じられる建造物や心休まる自然、愛らしい象にも出会うことができます。まずはこれを読んで、妄想旅行に出かけてみましょう!

歴史も学べる象との水浴び!

2015-07-29-1438152540-6589607-a84f4660d09272a89ed2567b712496d24640x480.jpeg

Photo credit: Letizia Guarini「象の上に乗るんじゃない!一週間象たちと一緒に過ごした

タイの北部に位置し「北方のバラ」と称される美しい古都チェンマイには、自然体の象とたわむれることができるElephant Nature Park(エレファント ネイチャー パーク)があります。ここにいるのは、過去に人間から虐待を受けたり、交通事故で傷を負った多くの象たち。ツアーに参加すると、象にエサをあげたり、水浴びをしたり、動物園では味わえない象との触れあいを思いっきり楽しむことができます。

また、象が人間からどのような虐待を受けているのかをビデオで学ぶ時間が設けられており、それを見て胸が苦しくなることもあるかもしれません。しかし、そういった事情を知ったうえで象と触れあうことは、きっと一生忘れられない貴重な経験になることでしょう。お子さんはもちろん、大人の方にもぜひ一度訪れてほしい場所です。

湖と宮殿のコラボレーションは一見の価値あり

2015-07-29-1438152559-2717122-b640x4801.png

Photo credit: Naomi Hagiwara「女子旅♡初めてのタイ

バンコクの北60km、アユタヤの手前18kmの場所にあるバン・パイン宮殿は、タイを訪れたら、ぜひ立ち寄ってほしいスポット。17世紀アユタヤ王朝のプラサート・トーン王によって建造された離宮で、国王たちが夏に別荘として利用していたそう。タイ様式をはじめ、中国様式、西洋式とさまざまな建物を観賞できます。

避暑用に作られたこの宮殿では、緑が美しい庭園や湖の中央に建てられたバン・パイン宮殿の涼しげな景色が見どころ。広い湖と華やかな宮殿がコラボレーションした風景を見れば、一気に清々しい気分に浸れることまちがいなし!

旨みが凝縮されたトムヤムクン

2015-07-29-1438152579-5330827-c640x480.png

Photo credit: Naomi Hagiwara「女子旅♡初めてのタイ

タイの食事で絶対におさえておきたいのが「トムヤムクン」! トムヤムクンは、辛味・甘味・酸味を調和させたタイの代表的なメニュー。辛いものが食べたくなる夏にはピッタリです。本場のトムヤムクンは辛いだけではなく、旨みが凝縮された深い味わいなんです。ぜひ、辛いものが苦手な人もチャレンジしてみてください。

タイカレーも夏にオススメの一品。タイでは「ゲーン」と呼ばれており、多くの種類があります。有名なものだと、レッド・イエロー・グリーンカレーでしょう。さまざまな種類のカレーを食べ比べて、お好みを見つけてみては?

惹きつける不思議な魅力をもったタイ

今回ご紹介した見どころ以外にも、ビーチや大仏、水上マーケットなど、タイには何度も訪れたくなる魅力がたくさん詰まっています。美容大国といわれるだけあってオシャレな雑貨やコスメも豊富にそろっており、買い物にも最適。女性はもちろん男性も、そして子供から大人まで満喫できるスポットが勢ぞろいしています。

夏休みに暑さを吹き飛ばすべく、友達、家族、恋人と、はたまはた一人旅でタイへ訪れてみてはいかがでしょうか? きっと、人を惹きつけてやまないタイの虜になってしまうはずです。

(ライター:小林香織)

Photo by: Maho Fukukawa「バンコクの有名寺院を巡る癒しの旅

関連旅行記はこちら

*Maho Fukukawa「バンコクの有名寺院を巡る癒しの旅

*Letizia Guarini「象の上に乗るんじゃない!一週間象たちと一緒に過ごした

*Naomi Hagiwara「女子旅♡初めてのタイ

【関連記事】

象たちと一緒に川遊び!象使いになるよりENPを選ぶべき理由

過去にタイムスリップできる町があるのを知っていますか?

一長一短な旅のスタイルを選択するときに見えてくる自分とは

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT