BLOG

街中にありふれている、ティッシュ配りが「おもてなし」?

2015年08月13日 22時31分 JST | 更新 2016年08月09日 18時12分 JST

TRiPORTライターのAnnaです。

昨今はたくさんの外国人旅行者が日本を訪れています。観光名所に行くと、必ずと言っていいほど外国人観光客を見かけますよね。また最近では、中国人の「爆買い」がニュースなどで話題になっています。デパートやショッピングモールで、日用品からブランド物までたくさんの日本製品を購入し、何十万円も買い物をしていることも珍しくありません。デパートのなかには、アナウンスを中国語で流していることもあり、そのニーズの大きさを感じます。

2020年には東京でオリンピックが開催予定。今後も日本を訪れる外国人観光客の数は増えていくと予想されています。

2015-08-10-1439189029-7316300-aschweiz_032640x480.jpg

Photo credit: Kanae Hoshi「Deutsch : Konstanz

ティッシュ配りが「おもてなし」?


そういったたくさんの外国人観光客が、皆一様に驚く日本独特のサービスがいくつかあります。その一つが「ティッシュをタダでもらえる」ということです。日本以外のほとんどの国では、無料でティッシュをもらえることなどありません。国や店によっては有料で提供していることもあります。

そのため、ポケットティッシュをタダで配っているのは非常に珍しいことであり、外国人観光客はそのサービスに感動するのだそうです。日本ではよくある光景ですが、他の国の人達からしたらティッシュをタダでもらえることはありえないこと。日本人からすると、急いでいるときや混雑時など、わずらわしく思ってしまうこともある「ティッシュ配り」ですが、多くの外国人観光客には好印象を持たれ、その上感動までされているのです。

日本を訪れる外国人観光客が増え、観光名所には様々な国の人達がいて、とても賑わっています。標識を外国語にしたり、わかりやすくしようと様々な「おもてなし」を試みていますが、実際に外国人観光客が感動することは、案外日本人にとって日常であることの中にあるのかもしれません。

2020年のオリンピックに向けて「家族が楽しめるおもてなし」を

ライター:Anna Shimizu

Photo credit: Kanae Hoshi「Deutsch : Konstanz

【関連記事】

なぜ外国人観光客は日本に来たら自動販売機を撮影するのか?

ナイジェリアで入場料が5000円以上でも映画が愛され続ける理由

無料の公共トイレがある国は少ない?あの国では小銭を持ち歩こう

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT