BLOG

なぜトイレに2つ便器があるの?イタリアの不思議な設備の正体

2015年04月12日 00時57分 JST | 更新 2015年06月09日 18時12分 JST

TRiPORTライターのレティです。

外国人旅行者や留学生は初めて日本の家に入ったとき、驚くことがたくさん! 「玄関で靴を脱ぐの?」「ふとんの中に寝るの?」「スイハンキ、コタツ、ウォシュレットって何?」など...。最初は使い方がわかりませんが、実際に使うとその便利さに感動します。

もちろん、この逆パターンもありえます。海外旅行などで他の国の家に入ってみると、見たことのないものや設備に出くわすこともあります。これらは現地の人にとって、日常生活の一部になっており、いちいち説明してはくれないので、使い方を間違ってしまうことも...。というわけで今回は、イタリアの家でよく見かける不思議な設備をご紹介します。

便器が2つ?


2015-04-10-1428640431-559023-1P3270039640x480.jpg

筆者撮影

「なぜ便器が2つあるの!?」

初めてイタリアのトイレを使う旅行者は、きっとそう思うでしょう。実は、これは便器ではなく「ビデ」です。ビデは肛門、排尿、性器を洗浄するためのもの。用途がわからない旅行者のなかには、ビデを小便のときに使ったり、洗濯で使ったりしてしまう人もいるようです...。

ビデはフランスで発明されたものですが、もうフランスにはあまり存在していません。18世紀前半にフランスの王宮に初めて導入され、ヴェルサイユには100個程度設置されていたそうです。しかしあまり使われていなかったらしく、すぐ処分され、残ったものは売春宿に改めて設置されたとか。

ビデがイタリアに登場したのは18世紀後半。ナポリ王国の女王マリーア・カロリーナ・ダスブルゴがフランスからの批判を無視して、カゼルタ王宮に設置してもらったことがきっかけとなり、ビデはイタリアに普及しました。1975年からイタリアのすべての家に設置することが法律で定められています。ビデはヨーロッパのすべての国にあるわけではありません。以前はポルトガル、スペイン、ギリシャにもありましたが、今では家が改修されるときに処分されることも。

使い方


ビデには水を溜めて洗うタイプと、上向きの水栓からの水で直接洗浄するタイプの2つがあり、適切なビデソープが使われています。基本的に手で洗うので、ウォシュレットになれている日本の方は、抵抗を感じる人が多いかもしれません。使うか使わないかあなた次第ですが、変わった使い方だけは避けましょう!

壁にくっついているものは何?


2015-04-10-1428640447-2798874-2P3270049640x480.jpg

筆者撮影

壁についているこの不思議なものは何だと思いますか? 北海道出身の人ならきっと答えがわかるでしょう。これは「ヒーター」です。イタリアのほとんどの家には、このようなヒーターが設置してあります。タイマー設定ができるので、起床時や帰ってきたばかりでも、家の中をいつも暖かくしておくことができます。このようなヒーターは、すべての部屋に設置されているので、家全体が同じ温度が保たれるのもいいところです。

南イタリアのほうは暖かい場所が多いので、このようなヒーターを設置していない家もあります。しかし、筆者の地元であるポテンツァのような山地の場合は、南とはいえ毎年雪が降るので、このヒーターは必要不可欠な設備です。

使い方


温度と時間は給湯器のボタンを押すだけで簡単に設定できます。ただし、セントラルヒーティングの家だと、マンション全体のヒーターが決まった時間・決まった温度で設定されています。その場合、好きな温度を選ぶことはできませんが、暑いと思ったときはヒーターの右上にあるバルブを回すと、そのヒーターを消すことができます。

さいごに


いかがでしたか? イタリアを旅行したことがある人は初めてこの設備を見たとき、きっと戸惑ったことでしょう。そして、その用途を理解できずに帰国してしまった人も少なくないはずです。今度イタリアに訪れたときこそは、イタリア人のように家の設備を使いこなしてみましょう!

Buon viaggio!

(ライター:Letizia Guarini)

コッポラ監督の最新作、南イタリアの豪華ホテル「パラッツォ・マルゲリータ」とは

旅行先こそ朝活がおすすめ!これであなたもイタリア上級者


イタリアの旅行記

*Letizia Guarini「Potenza-Matera (Basilicata)への旅

*Letizia Guarini「イタリアのクリスマス2014年


【関連記事】

「イースター」って何する日?イタリアの復活祭の過ごし方

【アート】感受性に火がつく、芸術の秋に行きたいアートスポット6選

【女性必見】自分磨きをしたいときにオススメの旅先3選

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT