BLOG

旅をするなら知っておきたい!スマホでできる4つの旅の準備

2014年04月27日 18時33分 JST | 更新 2014年06月24日 18時12分 JST

いよいよゴールデンウィークも近づいてきました。海外旅行の計画を立てている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

パッキングやチケットの予約に追われ、手元のスマホはそのままの状態でフライトに臨んでしまいがち。そこで、今回は海外旅行に行くなら、スマホはどう準備すべきかを、まとめてみました。

ここでは行き先をアメリカと仮定して紹介します。

1.生活の基準!時刻と天気

8272711989_4a0a516fa9_b

Photo Credit: Mamö via Compfightcc

時刻と天気は、渡航先と日本の両方の情報を一目で見ることが出来るようにしておくと便利です。

出発して目的地に着いた後、日本にいる親しい人への連絡や、SNSを使った現地から報告をする時「日本は今何時だろう?」と考えることがよくあります。

アメリカの場合は複数のタイムゾーンにも注意が必要です(※1)。さらに、3月の第2日曜日から11月の第1日曜日まで、1時間早まるDaylight saving time、いわゆる サマータイム(※2)も導入されています。アメリカの場合は、ひとつの国であっても都市や時期によって時間がバラバラ。アメリカ内で複数の都市を回ったり、トランジットで立ち寄る都市がある場合、各都市の時差が分かるように設定しておくと尚安心です。

IMG_4299

写真:【総移動距離13,000km!】大学生が一人で夏休みにAmtrackでアメリカ大陸横断してみたより

そして天気は渡航前の衣類のパッキングや、渡航先から帰国するときの服選びの参考になります。

これらはプリインストールされているアプリの設定変更で充分。例えばiOSでは「Clock」内の左下「World Clock」に複数都市の時刻を追加出来ますし、「Weather」も画面右下の「+」マークをクリックすると、複数都市の天気設定が可能です。

2.旅先プランニングアプリをインストール

IMG_4483

写真:San Diegoより

事前に予約した内容の確認はもちろん、急な宿泊先の変更現地のレストラン情報が必要になったとき、旅行系Webサービスのアプリをインストールしておくとスマートです。

特に有名どころの4つ、フライトやホテルの予約に便利なExpedia、ホテル予約に強いHotels.com、ホテルからレストランまで口コミを集めたTripAdvisor、レストランはもちろん買い物、ドラッグストアやガソリンスタンドまで調べられるYelp(最近は日本上陸でも話題ですね)を目的に応じて使い分けられるように、画面上にそれぞれのアプリを並べておくと便利です。

また、最近では予約を確認したり、空港内のマップを参照出来たりする各航空会社のアプリも手放せません。

3.Wi-fi、言葉、お金は手堅く準備

アメリカは、都市部では飲食店などのフリーWi-Fiが充実しているため、「Wi-Fi Finder」「Free Wi-Fi Finder」といった「どこにWi-FIがあるか」が分かるアプリで目的地近辺で拾えるスポットを事前に把握しておくのが良いです。

また、レートがすぐに分かり買い物には重宝するのが、「XE Currency」「Currency Exchange」などの「通貨」アプリ。旅先ではつい財布のひもが緩みがちですが、「レートを調べる」というワンクッションを挟むことで冷静にもなれます。

とっさに何かを伝えたいけれど単語が分からない...という時に役に立つ「翻訳」アプリも装備しておきましょう。翻訳は「Google翻訳」「iHandy Translator Free」のようにテキストを打ち込むもの、「Translate Voice Free」のように音声で吹き込むものもあります。色々試して、使いやすいものをお手元に。

4.「税関申告書」記入の準備をしておこう

アメリカ入国時に必ず記入する書類が国際線のフライト中に機内でも配られる「税関申告書」。その場で書くことが多いですが、パスポート・チケット・印刷した書類などを狭い座席でガサガサ探すのは煩雑だったり、機内モードにしている携帯電話で調べることが出来なかったりと、案外その場で記載しきれないもの。

機内モードでも使えるメモ帳(iOSの「Notes」など)に乗っている便の「便名」パスポートの「旅券情報」「滞在先のホテル名あるいは住所」はオフラインでも使えるメモ帳(iPhoneでいうNotesなど)に全てまとめてメモしておくと、さっと記載完了です。

いかがでしたでしょうか。あなたは「旅行のときは絶対こうしている」という準備はありますか?

今回紹介したこれら4つはあくまで最低限の「準備」。これからも、より海外(特にアメリカ)を楽しめるTipsや現地での体験談を紹介していきます。

(※1)本土におけるタイムゾーンごとの主な都市→東部:ニューヨーク・ボストン・デトロイト・アトランタなど、中部:シカゴ・ミネアポリス・ダラス・ヒューストンなど、山岳部:デンバー・フェニックスなど、太平洋:シアトル・ポートランド・サンフランシスコ・ロサンゼルスなど

(※2)本土ではアリゾナ州のみ除く

ネットに接続しなくてOK!旅先で役立つ無料スマホアプリ5選

【総移動距離13,000km!】大学生が一人で夏休みにAmtrackでアメリカ大陸横断してみた

アメリカ1周 列車旅!

SanFrancisco & SiliconValley