BLOG

行けばわかる!「一人旅」があなたに与える3つの可能性

2015年04月30日 17時12分 JST | 更新 2015年06月29日 18時12分 JST

TRIPORTライターのERINAです。

「一人旅」と聞くと「不安」や「危険」など、ネガティブなイメージを抱くこともあるでしょう。右も左もわからない異国の地に一人で乗り込むときには「言葉が通じなかったらどうしよう」「道に迷ったらどうしよう」など、たくさんの不安が付きまといます。確かに一人旅をするとしたら、様々な壁があなたの前に立ちはだかると思います。しかし、それ以上にあなたへたくさんのものをもたらしてくれるのです。今回は「一人旅」があなたに与える可能性についてお話します。

(1) 自分のペースがわかる

2015-04-30-1430360083-9108061-a5931171740_14fea8385d.jpg
Photo Credit: Salvatore Iovene via Compfight cc

一人で旅をしてみると「いつ・どこで・何をするのか」を自分自身で決めることができます。好きな時間に起きてご飯を食べ、誰かに合わせることもなく、自由気ままに行動ができます。気に入ったものがあれば、飽きるまでそれに没頭し、行きたくないところに赴く必要はありません。

そのように行動してみると、日常生活でいかに自分が人に左右されて行動していたのかに気付くことができます。あなたが何が好きで、何が嫌いなのかが自然とわかってくるのです。自分自身と向き合う時間が増えることで、自然と心の声に耳を傾ける余裕もできます。自分が大切にすべきことが見えてくるので、人生の軸になるものを発見することができるでしょう。

(2) 人の優しさを感じる

2015-04-30-1430360100-8884509-b15582146588_185ce170e2.jpg
Photo Credit: jjay69 via Compfightcc

一人旅に多少のトラブルはつきものです。大きなトラブルに巻き込まれなくとも、飲食店でメニューの読み方がわからなかったり、駅の方向がわからなかったりと、一人では解決できない状況に陥ることもあるでしょう。そんなときは現地の人の助けが必要になってくると思います。最初は声をかけるのを躊躇してしまうかもしれませんが、ほとんどの場合、周りの人はとても親切に助けてくれます。たとえ言葉が通じなかったとしても、身振り手振りで伝えようとしてくれたり、言葉がわかる人を連れてきてくれたりすることも。そういった経験を幾度となく繰り返すと、無意識に「外国人」という壁を作っていた自分が消えていくでしょう。慣れてしまえば、余計な「偏見」や「恐怖」がなくなり、穏やかに接することができるようになります。

(3) 世界中に友達が増える

2015-04-30-1430360118-31077-35914092060_d76d9a79cc.jpg
Photo Credit: miguelavg via Compfight cc

人間は「喜び」や「感動」を感じると誰かに伝えたくなるものです。旅をしていると、目を見張るほどの絶景や、予想外な文化の違いなど、驚きや感動の連続です。そういった経験を誰かに話したいと思う人も少なくないはず。伝える相手は同じゲストハウスに泊まった人でも、同じバスに居合わせた人でもいいと思います。

経験を共有するなかで、また新たな価値観や文化に触れ、人と関わるのが楽しくなってきます。あなたが何かに感動すればするほど、あなたが人と話す機会は増え、気が付けばきっと世界中にたくさんの友達ができているでしょう。どれも「一人旅」だからこそ味わえるものばかりです。不安を抱きながらも一歩踏み出すことで、あなただけの「旅」を創造できると思います。

(ライター:肘井絵里奈)
Photo by: Salvatore Iovene via Compfight cc

一人旅の旅行記はこちら

*Daisuke Taniwaki「世界一危険な都市から始まる、カリブ海〜マヤ遺跡〜原住民の村

*Hideki Tanaka「モロッコ:アーティストを魅了する国

*Toyo Serizawa「神秘の国インド旅 Dive in ガンガー ~すべての始まりはピンクブラからの巻(・∀・)♡

【関連記事】

少しの勇気でインターネットの先へいつ行くの?○○でしょ!

大人こそ「宿題が終わってから!」 日常を引き締める旅の温存方法

モノの豊かさは幸せなのか?自然と「内向きになる」国内状況

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT