BLOG

【世界の名言】世の中での人間の立場を悟らされる旅で謙虚になれる

2015年01月17日 02時48分 JST | 更新 2015年03月16日 18時12分 JST

「旅は人間を謙虚にする。世の中で人間の占める立場がいかにささやかなものであるかを、つくづく悟らされるからだ」-ギュスターヴ・フローベール(フランスの小説家)

2015-01-15-P1030194.jpg

tabitabi parsley「2011.11 失われた都アンコール遺跡群を巡る

日本にはこんなことわざがある。「井の中の蛙大海を知らず」。これは自分の狭い知識や考えにとらわれて、他の広い世界のあることを知らず、得意げにしているさまをいう。おそらく、井の中にいる人たちは、外から情報が入ってこなければ小さな世界だという認識すらできないだろう。特に昔は、このような状況も多かったかもしれない。

では、現代はどうだろう。交通手段が発達し、IT技術も日々進化し続けている。世界の裏側にだって、行こうと思えば約1日で着いてしまい、インターネットを使えば、ナスカの地上絵やイースター島の様子などでも簡単に見れてしまう。世界中と簡単に繋がれる今こそ、旅に出るべきなのではないのか?

世界中の情報をポケットに入れることができても、実際の旅ではたくさんの自然や文化に圧倒され、世の中での人間が占める立場というものが、いかにささやかであるかを痛感するだろう。それを理解したとき、もうあなたは井の中の蛙なんかではない。きっと大きな海を謙虚に、しかしどこか優雅に泳ぐような何かに進化しているはずだ。


【関連記事】

【世界の名言】長生きするものより、旅をしたものはそれ以上を知る

【世界の名言】自分が孤独だと気づくことは、世界で最も歓喜すること

【世界の名言】そのうちなんてあてにならない。今が「その時」

【世界の名言】旅をしない人は本を1ページしか読んでないのと一緒

ライター:八木彩香

http://blog.compathy.net

▲編集元:TRiPORT