BLOG

ついに渋谷にOPEN タイで1番人気のカオマンガイ店!バンコクの本店を紹介!

2014年07月16日 23時23分 JST | 更新 2014年09月13日 18時12分 JST

~カオマンガイ~

カオマン(鶏の脂で炒めて出汁で炊いたごはん)に、ガイ(茹でた鶏肉)を乗せた屋台食の定番。

漢字で「海南鶏飯」と書くこの料理は、もともと海南島出身の華僑が各地に持ち出したメニューだそうで、シンガポールやマレーシアでも、同様のメニューを見ることが出来る。

タイに旅行したことのある人は、食べたこともあるかもしれない超有名カオマンガイ屋台、「カオマンガイトーン」が7月11日、渋谷にOPENした。

ということで、今回はプラトゥナーム本店を紹介したい。

2014-07-15-IMG_0532680x5101.jpg

2014-07-15-IMG_0538680x510.jpg

カオマンガイと言えば、日本人に最も人気のあるメニューのひとつ。

故に、日本のタイレストランでメニューに並ぶことはあるが、どれも本場のものに比べたら今ひとつ、なものが多かった。

やはり屋台のように「カオマンガイ一本」で、大鍋に大量に仕込んでこそ、出せる味なのかな、日本にもOPENしないかな、と常々思っていたので、とても感慨深い。

たまに外れだな、と思う日はあれど、やはりここのカオマンガイはご飯の炊き加減、照り具合、鶏肉の柔らかさ、タレのコク、どれをとっても安定した存在感がある。

2014-07-15-IMG_0537680x510.jpg

2014-07-15-IMG_0533680x510.jpg

スープは2名以上だと大皿に盛られる。鶏がらにもまだまだお肉がたっぷりと。文字通り骨までしゃぶりつきたくなる。

2014-07-15-IMG_0531680x510.jpg

実はカオマンガイにソムタムを合わせるのは、中央部の人の食べ方だとか。カオマンガイトーン本店でも、あまり知られていないがソムタムを提供している。

渋谷店では、カオマンガイ、ソムタム、スープのセットがあるそう。

東京のど真ん中で、バンコクのど真ん中の有名店の味が食べられる時代。

タイが恋しくなったら、まずは渋谷に足を運んでみてはいかが?

こちらも合わせてCheck!

【カオマンガイ食べある記vol.1】ウィークエンドマーケット帰りに老舗有名店へ