BLOG

タイの父の日は国内が真っ黄色に!? 日本とは違う父の日の意味とは

2014年12月13日 17時06分 JST | 更新 2015年02月09日 19時12分 JST

12月5日はタイ国王様のお誕生日です。そして、父の日でもあります。

プミポン国王陛下は今年の12月5日、87歳の御誕生日を迎えられました。

タイの国民は、タイのこと、タイの国王様のことが大好きです。なので、この日は国王様への愛で満ち溢れます。

2014-12-09-20141210_tripping_01.jpg

これまでの国王陛下のご活動などの展示会や国王陛下とタイ国民をテーマにしたライト&サウンドショー、ステージパフォーマンスなど各種祝賀イベントが開催され、国民は黄色のお洋服を着たり、黄色のロウソクを飾ったり、それぞれの形でお祝いします。

2014-12-09-20141210_tripping_02.jpg

国王様のお生まれになったのが月曜日で、月曜の色というのが黄色なのです。

お年寄りも若者もお金のある人もそうでない人も、みんな黄色でお祝いです。とっても一体感のある日なので、来年もしこの日にタイに来るときは黄色のお洋服を着て一緒に祝いましょう。

もちろん私も黄色を着て、マンゴーも含め黄色に染まってみました。

2014-12-09-20141210_tripping_03.jpg

タイ国民のためにもどうか、長生きなさってください。おめでとうございます。

 TRIPPING!とは

海外旅行を楽しみたい人に向けて、 海外に暮らす日本人レポーターがローカル情報をリアルタイムに発信する、 「生活しているからこそわかる旬な情報」を集約した旅の情報サイトです。