ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

ちゅるゆーか Headshot

それは恥ですか

投稿日: 更新:
印刷

結構昔から疑問に思っていることがあって、どうして話題にならないのかと不思議でしょうがないんですが。

生理用品を店で買うと、普通の中が透けて見えるレジ袋とは違う、外から中が透けない袋、例えば黒い袋に入れられるじゃないですか。あれ、何なんですかね。

一番最初に黒い袋を貰った時、私は、この店袋が変わったんだなと思ってしまったんです。でもふと思い至った時、唖然としました。これは気遣いなのかな?と思ったんです。私、これが気遣いだとしたら要らないなって。

別に見られて恥ずかしいものではないと思うんですよね。だってCMもやってるじゃないですか、ごく普通に。

どうして隠されなきゃいけないんでしょうか。

そう言えば、この間ある事務所に泊まり込んでいた頃。具合が悪い日があって。微熱だったんです。頭が痛くてぐったりして気持ち悪くて。別に前日何かした訳でもなかったですし、原因不明だったんですね。

そしたら、その事務所のボスの息子さんが30代の男の人なんですけど、その人に

「もしかして、月に一度の女の子の日?」

って聞かれました。

......正直、引きました。女の子の日っていう表現方法が許せない。何それ。変にぼかさないで欲しいんですけど。もう女の子っていう年でもないですし。それに私、周期長いんで月に一度じゃないんですけどー!あと生理痛もないんですいませーん!って嫌味を言いたかったですね、はい。

何か、見せびらかすものではないかもしれないけど、そんなに隠すべきものないんじゃない?と言いたくなってしまいます。

勝手に、黒い袋に入れるものにしないで欲しいんです。だって、健康な身体であればもう何万年も前から、人類の半分に生理があることが通常の状態ですよね。何でそれを隠さないといけないのかなって思うんです。

隠したい女性もいらっしゃるのかもしれないですが、透明な袋に入れられていてもそれが普通だと皆が受け入れられるような社会じゃないと、女性が活躍なんて言えないんじゃないでしょうか。男女が平等な社会って、女が男に近付くことではなくて互いの違いを認め合ってカバーし合えるってことだと思うので。

まずは、生理用品は生活必需品として、透明な袋で買って帰りたいです。

(2016年6月9日note「それは恥ですか」より転載)

ladiesbeopen

ハフィントンポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。


女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そう女性のカラダ も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp