BLOG

スタバ3万人の頂点「茶色エプロン」とは? あの「ブラックエプロン」より上、精鋭16人が競い合って決定

2017年02月27日 23時16分 JST

2017-02-27-1488172251-6025148-2eccac9fl.jpg

壇上に上がった16人のブラックエプロン。数少ないブラックエプロンの中でも、各エリアカップを勝ち抜いた精鋭だ

スターバックスの「ブラックエプロン」と呼ばれる精鋭を知っていますか?

通常の緑ではなく、黒いエプロンを身につけた従業員(パートナー)のことで、全体の1割ほどしかいません。各地のブラックエプロンの中から選ばれた16人が集まり、ナンバーワンを決める大会が23日、東京都内で開かれました。

選ばれた1人に与えられる「コーヒー染めの茶色エプロン」とはどんなものなのか? 取材してきました。

【画像】これが「茶色エプロン」。歴代アンバサダーの名前が刺しゅうされている。大会の様子も写真特集で

ブラックエプロンとは

国内で働くパートナー数は、昨年末時点で3万1831人。そのうちブラックエプロンを持っているのは2782人と1割以下です。

スターバックスコーヒージャパン広報部によると、「ブラックエプロンは、コーヒーに対する深い知識を蓄えたパートナーにのみ与えられます」とのこと。

ほとんどのパートナーが身につけているのは、スタバのイメージカラーであるグリーンのエプロン。ブラックエプロンは年1回開催される、コーヒーの知識を問う筆記試験に合格した人にだけ与えられます。

ここ数年の合格率は4~12%で、毎年「狭き門」です。

試験は社員・アルバイトといった雇用形態を問わず受験できます。ブラックエプロンを手にした人は、胸元に名前が刺しゅうされたこのエプロンを着けて、接客やコーヒーセミナーの講師などを務めるそうです。

ブラックエプロン16人が競う

23日、都内のホールを貸し切りにして「アンバサダーカップ」が開かれました。

壇上に上がったのは、全国16地区で開催されたエリアカップを勝ち抜いたブラックエプロン16人。

コーヒーの香りで銘柄を当てたり、コーヒーを淹れながら豆について制限時間内で説明したり、客に扮した社員のアドリブにどう反応するかを見たり。コーヒーの知識だけでなく、接客のスキルなども審査対象です。

客席には、各エリアの代表を応援するために同僚たちが集結。ブラックエプロンの接客に感心したり、笑ったり、突っ込んだりと盛り上がりました。

「ただの学生ですけど......本当に嬉しいです」。審査の結果アンバサダーとして選ばれ、壇上で声を震わせたのは、3年前から都内の店舗でアルバイトとして働いている大学3年生・坂本大輔さん(21)。

スターバックスで働くことへの憧れがきっかけでアルバイトを始めたという坂本さん。学生とは思えない落ち着いた、自信あふれる接客態度に、会場からも大きな拍手が送られました。

アンバサダーエプロンとは

そんな坂本さんに手渡されたのが「アンバサダーエプロン」。緑でも黒でもなく茶色で、胸から腰にかけて何かが刺しゅうされています。

「コーヒーを使って染めたエプロンで、胸の部分に刺しゅうされているのは歴代アンバサダーの名前なんですよ」と広報担当者。

坂本さんはこれから約1年間、社内外へのコーヒー啓発活動や広報活動を担い、日本代表としてアジア10数カ国のバリスタチャンピオンが集まる大会にも参加するそうです。

まさにパートナーの「頂点」ですが、広報担当者はこう話します。

「こうしたエプロンはあくまでも社内的な制度。お客様がコーヒーを楽しんでいただけるように、私たちパートナー全員でサービスすることに変わりはありません」

【関連記事】

【フリーランスの「保活」イベント3月1日開催】

ハフィントンポストでは、多様な働き方・預け方について考えるイベントを開催します。フリーランスで働く方、保活に苦労している方、フリーランスの仕事に興味がある方もぜひお越しください。詳細は下記から、またはこちらのページからご確認ください。ご参加を心よりお待ちしています。