BLOG

生と死を強く考えさせられたFC東京・石川直宏選手の『2011』~松田直樹との別れ

2014年08月04日 18時40分 JST | 更新 2014年10月03日 18時12分 JST
DENIS CHARLET via Getty Images
LENS, FRANCE: Portrait of Japanese defender Naoki Matsuda taken 04 October 2001 at Bollaert stadium in Lens before the start of the friendly soccer match between Japan and Senegal. AFP PHOTO/DENIS CHARLET (Photo credit should read DENIS CHARLET/AFP/Getty Images)

8月4日。今日はかつて横浜F・マリノス、松本山雅FCでプレーした松田直樹選手の命日。共にプレーし、友人であり、松田選手を先輩として慕っていた、FC東京の石川直宏選手。ふたりの静かな最後の時間をここに転載したい。あれから三年、松田の魂は8月の暑い風の中に生きている。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

松田直樹との別れ

FC東京は、中断期間に松本山雅と練習試合を行った。この試合は震災のチャリティーマッチとして黙祷が捧げられ、募金も行われた。

松本山雅には石川直宏の弟が所属していた。この日は、控えのGKである弟も、故障明けの兄も、残念ながら試合には出られなかった。それでも、たくさんの松本山雅ファンや、東京から遥々駆けつけたFC東京サポーターの声援に、久しぶりの試合は大いに盛り上がった。

石川には、懐かしい友人との再会があった。松田直樹である。松田とは、マリノスでわずかな期間ではあったがチームメイトだった。石川がジュニアユースの頃からの憧れの先輩でもある。大きくて、粗野で、男気があった。

「おまえ、松本来いよ!」

その日、石川は何度となく松田からそう言われた。試合が終わり、奥に引き上げると、そこで再びシャワーから出てきた松田と顔を合わせた。「冗談じゃねえからな。松本で待ってるからな!」

それが、松田との最後の会話になった。

8月2日午前。練習中に突然倒れた松田は、心肺停止の状態で高度救命センターに緊急搬送された。直ちに人工心肺が取りつけられたが、意識はなかった。急性心筋梗塞だった。

石川は弟から連絡を受けた。「集中治療室にいる。もしかしたら......やばい」

次の日、石川は身重の妻に見送られて、車に飛び乗った。走行中、ひとり松田を思った。

「いったいマツくんは、どんな表情でいるんだろうか?そこで自分は、何と声をかけたらいいのだろうか?」

死と隣り合わせ―――。そんな松田のイメージは自分の中になかった。記憶の中の松田は、いつも強かったのだ。長い時間の中で、ひたすら〝何かの回答〟を自分の中に求めていた。

起こることすべてに意味がある。そして、それは何かによって決められる。例えば「死」であるならば、そこには何がしかの原因がある。病気であったり、もともとの体質であったり。それが何かのタイミングで起こる。「生」もまた、何かのタイミングに違いない。今、友人が生死の境をさまよい、自分の子どもはこの世に生を受けようとしている。

「これはいったい、どういうことなのか?なぜ、このタイミングなのか?」

同じ問いが、繰り返し、繰り返し、頭の中を巡った。

 

病院に着いたのは、夜だった。

横たわったその体は温かかった。

松田は、石川が病院を後にした次の日に、息を引き取った。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『プロフットボーラーの家族の肖像』

(いとうやまね著・株式会社カンゼンより一部転載)

「フットボールチャンネル+ジュニアサッカーを応援しよう!」

(2014年03月11日掲載)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(松田直樹プロフィール)

(石川直宏プロフィール)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『プロフットボーラーの家族の肖像』

http://books.rakuten.co.jp/rb/12345689/

メディアでは報じられることのない、サッカー人、7家族のエピソード、貴重な家族写真を収録。EL GOLAZOの人気連載企画の書籍化。【収録】久保竜彦(廿日市サッカークラブ)、城福浩(ヴァンフォーレ甲府監督)、宮澤ミシェル(サッカー解説者)、水沼貴史(サッカー解説者)、福西崇史(サッカー解説者)、石川直宏(FC東京)、原博実(日本サッカー協会専務理事兼技術委員長)

2014-08-04-97848625519001.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(HUFF POST記事)

ワールドカップを『お寺』でパブリックビューイング!~山形県米沢市・西蓮寺の試み

なぜ1番・2番ではなく3番が歌われるのか? W杯の覇者ドイツ国歌の謎

今大会話題のブラジル代表のアカペラ国歌斉唱。元祖はチリ。

真夏の夜は心のストレッチを!思考停止に効く『心理テスト本』

◆いとうやまね

ライターユニット(いとうみほ+山根誠司)。著書には、『フットボールde国歌大合唱!』『サッカー誰かに話したいちょっといい話』(東邦出版)、『プロフットボーラーの家族の肖像』(カンゼン)、『蹴りたい言葉~サッカーファンに捧げる101人の名言』(電波実験社)、他がある。サッカー専門誌、フィギュアスケート専門誌のコラムニストとして、またサッカー専門TV 番組、海外サッカー実況中継のリサーチャーとしても活動。スポーツ以外の執筆も多数。