ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

西口洋平 Headshot

ステージ4のがん患者が、いま向き合う「最後の仕事」

投稿日: 更新:
印刷

不定期でブログを投稿させていただきます、西口洋平と申します。

妻と小学生のこどもを持つ、一般的な37歳男性です。

「ステージ4のがん」であることを除いては。がんだと宣告されたときに、おぼえた孤独感。仲間がいない。家族のこと、仕事のこと、お金のこと...... 相談できる相手がいない。同じ境遇の人が周りにいない。ほんとにいなかった。

それなら自分で仲間を募るサービスをつくろうと、ネット上のピア(仲間)サポートサービス「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう~」を、2016年4月に立ち上げました。

子どももいて、地元には親もいる。仕事やお金...... 心配は尽きません。そんな僕みたいな働き盛り世代で、がんと闘う人たちをサポートしたい。そんな思いから、抗がん剤による治療、副作用と付き合いながら、仕事と並行して、地道に活動を続けています。

2016-10-10-1476062086-8289603-B5ECA52382CF6DB2442E1BF8A81A2C48457BAA37CC4D82C20Cpimgpsh_fullsize_distr.jpg

キャンサーペアレンツのFacebookページで活動情報をアップしていきますので、「いいね」をお願いします。

これまでのコラム

  1. 「ステージ4のがん」と告知された日
  2. がん告知から2か月半、休んでも会社は回っていた。
  3. 「がん」になって、何かしたいという気持ちが芽生えた
  4. ステージ4のがん患者が、がん患者のためのサービス作りに挑戦する
  5. エイプリルフール、「ステージ4のがん」をカミングアウトした
  6. 入院中のベッド上で突きつけられた、がん患者向けサービスの次の課題
  7. がん領域のビジネス検討、そして闘病は大きな転機を迎える
  8. 残された時間、生きた証・・・ステージ4のがん患者に奇跡は起きるのか。

取材記事

36歳の末期がん患者が、娘に残すために始めた「最後の仕事」

2016-10-10-1476062003-1116136-BBQ.JPG

***

セカンドオピニオンを実施し、生存率の低さを再認識し、「奇跡」という言葉を聞き、そして自分は今ここで生きている。何も変わらない日常を取り戻したと思っていたが、ときに幻想の世界から一気に現実に引き戻される感じがあった。

ぼくの中にはがん細胞がある。けっこう厄介ながん細胞がある。手術ができないがん細胞がある。抑えることしかできないがん細胞がある。悪さをすれば3カ月というがん細胞がある。そう、ぼくの中には、がん細胞がある。まぎれもない事実があった。

長くはない。

このときに強烈に感じたことだ。そこから考えたのは、明日死ぬとしたら、今日はどんな仕事をするのか?

ということだった。もちろん、今日元気な自分が、病気によって明日死ぬことはないのだが、それを問われていると感じたぼくは「最後の仕事」について考えはじめた。

2017-01-26-1485429743-244648-IMG_6683.jpg
闘病中には幾度となく、娘はぼくに手紙を書いてくれた

■ぼくにしかできない、最後の仕事


当時のぼくは急きょ入院し、手術し、長期にわたって休暇をくれた会社に復帰させてもらい、週1回の通院治療にも行かせてもらい、職場からの理解もあり、働く環境としては本当にありがたいものだった。

そんな環境があるにも関わらず、「最後の仕事」を考えたとき、疑問が浮かんだ。はたして、これが最後の仕事であっていいのか。本当にやりたいことはなんなのか。

キャンサーペアレンツの活動に時間を使いたい。ユーザーであるがん患者の方が何に悩んでいるかを聞いて、とにかく良くしていきたい。サービスや社会、制度など、いろいろあるけれど、とにかく良くしたいと思った。

ぼくだからこそできること。

それは、当事者として、当事者の先頭に立って、みんなの意見を聞き、代弁し、とにかく良くしていくことだと思った。それしかないと思った。この活動途中に、もし病に倒れたとしても、うまくいくまでは死にたくはないけれど、納得はできるかもしれないと思った。まあ、できるはずはないけれど。

2017-01-26-1485429860-295348-.JPG
家族の応援があってこそ、安心して生活も活動もできる

■15年育ててくれた会社に恩返しもしたい


そんなことを考えながら、もう一つの想いにもぶち当たる。

それは、今までお世話になった会社のこと。右も左もわからない新卒社員の頃から面倒を見てもらい、今に至るまでの15年間。文句も言ったし、やるせないこともあったし、悲しいこともあったし、楽しいこともあったし、悔しいこともあった。ぼくの社会人としての時間は、この会社とともにあった。

キャンサーペアレンツという、ぼくの本当にやりたいことが見つかったことで、「はいサヨナラ」と言えるだろうか。そうしてやった仕事が、本当に「最後の仕事」と言えるだろうか。

ぼくの中では二つの「最後の仕事」は決まっていたが、家族や上司に相談した。もちろん、会社(新卒で入った会社の子会社)を辞めようと考えていたので、生活費や治療費はどうするのか?という不安は出てきた。

また、会社に対して何か恩返しをしたいという気持ちもあったものの、そんなことをさせてもらえるのか、そんな仕事があるのか、そもそも週2~3日のように、キャンサーペアレンツに活動の軸を移しながら働く、ということを会社は理解してくれるのか。

■やりたいことと恩返し――今向き合う二つの仕事


5月上旬のセカンドオピニオン。

考えを巡らせて迎えた5月末のある日。ぼくは社長に話をした。

二つの最後の仕事がしたいということを伝えた。キャンサーペアレンツの活動と、お世話になった会社への恩返し。

なんの躊躇もなくOKだった。あっけないほどに。社長は、すぐに人事と調整し、制度上どのような形で進めたらよいのかを確認してくれた。

ある意味、ぼくのわがままである。

ぼくのやりたいことである。

それを理解してくれた、家族や会社のためにも、「最後の仕事」で成果を出さないといけない。というか、何も気にせず思い切ってできる。思い切ってやるしかない。

ぼくの中には、相変わらずがん細胞はあるが、大きなチャレンジができることにワクワクがある。がんであろうがなんであろうが、ワクワクできるんだ。2016年6月末で子会社を退職し、7月から親会社での恩返しと、本格的にキャンサーペアレンツの活動を開始させた。

(つづく)

キャンサーペアレンツのFacebookページへの「いいね」をお願いします!