BLOG

クリエイターたちのロンドンの家 - 6

2015年04月10日 16時34分 JST | 更新 2015年04月10日 16時34分 JST

(3)マリー・アントワネット系2人目はアーティストのRos Fairman。

フリーマーケットやアンティークフェア、オークションハウス、チャリティーショップ回りが大好きという筋金入りのフランス物コレクター。

私もイギリスに来て以来、趣味と実益を兼ねたアンティークフェア巡りが大好きになりましたが、新しく買った家具がほとんどないというこの家、ここまでくると趣味の域を超えて「生き様」とでも呼ぶべき(?)。

イギリスはアンティーク好きのためのテレビ番組や雑誌が非常に多く、生き甲斐となっている人も多く見受けられます。 特に女性に大人気のフランスのアンティーク、ディーラーやバイヤーの行き来も多く、私の家の近くで月2回開催されるアンティークマーケットにも朝2時起き、3時起きで大陸(フランスやベルギー)のディーラーがバンやトレーラーに商品を積んでやってきます。 平日の朝6時頃オープンするのですが7時に行くと駐車場が満車で入れないほど。

彼女もそうやって25年かけてこつこつ集めたのでしょう、大好きな物が詰まったお家をどうぞ。

(写真のソース:Emily Wheelchair

1980年代に家を買ってすぐ買ったのが大きなフレンチのミラー。 フェミニンで華やかなゴールドギルド細工のフレームはこの家のテーマともなりソファやアームチェアともマッチさせている。

2015-04-10-1428649221-5759075-20150410kloeden1_ros_fairman1.jpg

パリのサロンを思わせるフリンジがゴージャスなイエローサテンの大きなソファはeBayでの掘り出し物。

2015-04-10-1428649251-1484345-20150410kloeden2_ros_fairman2.jpg

真鍮フレームのベッド、ゴールドとガラスのウォールライト。ドレッシングテーブル、鏡に映るワードローブすべてがフランスのアンティークかヴィンテージ。

2015-04-10-1428649280-4709581-20150410kloeden3_ros_fairman3.jpg

キッチンはフレンチ・カントリー。 大きなファームハウステーブルを真ん中に椅子はあえてミスマッチ。

2015-04-10-1428649309-4019869-20150410kloeden4_ros_fairman4.jpg

たとえ入りにくくても(笑)大人気の猫足バスタブはこの家の中で唯一のリプロダクション。 ヨーロッパではバスルームも他の部屋と同じように扱い、絵を飾ったり家具を置いたりカーテンをかけたりすることは普通。

2015-04-10-1428649349-1797834-20150410kloeden5_ros_fairman5.jpg

(2015年4月10日「世界級ライフスタイルのつくり方」より転載)