BLOG

「体重増加・無気力・声枯れ」女性に多い甲状腺機能低下症との付き合い方

2016年02月25日 23時55分 JST | 更新 2017年02月24日 19時12分 JST

2016-02-25-1456366639-3428432-.jpg

■甲状腺機能低下症という病気をご存知ですか

みなさん、こんにちは。韓方美容家のユヒャンでございます。

今日は女性の方に多く見られる甲状腺の病気について触れたいと思います。

私は20代の頃に、咽にピンポン球の様な異物感を感じて咽頭内科に受診した際、甲状腺が腫れていることを指摘されて初めて甲状腺の専門医院にかかり、自分が甲状腺機能低下症と言う病であるということを知りました。

その時初めて甲状腺機能低下症という病があることを知りました。

甲状腺機能低下症の主な症状は以下の様な感じです。

■甲状腺機能低下症の主な症状

無気力、声が枯れる、体重増加、浮腫(顔が腫れぼったくなる)、便秘、疲れやすい、月経過多、集中力低下、髪の毛が抜けやすい、無月経、月経過多など

2016-02-25-1456366375-1345814-kou.jpg

以上の症状は私も疲れやストレスを感じるとき特に症状として多く現れました。

甲状腺の病であると知る前までは、女性の月経前症候群(PMS)と似ているためホルモンバランスが乱れているのかな?くらいしか思っていませんでした。

無気力に関して言えば、精神面ではやりたいことが多く活発なのに体を動かす元気が無いと言うアンバランスな状態があり辛かったです。

人それぞれ個人差はあるそうですが、鬱病と間違える人も多いそうです。

■甲状腺機能低下症の方の治療方法

医師の指示に従い、薬(レボチロキシン、チラーヂンSなど)を飲めば、 甲状腺ホルモンの分泌が正常に行われるようになり、ほとんどの症状が出なくなります。私の場合は、症状を感じない時は薬を飲まずに過ごすこともあります。日頃からストレスを溜め込まない様にライフスタイルを工夫することがとても大切です。

■甲状腺機能低下症の人の食生活

【甲状腺機能低下症で避けた方が良い食べ物】

▶豆腐などの大豆食品

▶ブロッコリーやキャベツなど

▶フッソや塩素

▶レバー

これらの食べ物は甲状腺の働きを阻害してしまうと言われているので甲状腺機能低下症の方は避けた方が良いです。

【食べたほうが良いもの】

▶良質なたんぱく質

▶ビタミンB

▶ビタミンC

2016-02-25-1456367041-4525600-f_181.jpg

私は朝一番にグレープフルーツと棗(なつめ)と高麗人参の韓方茶を飲んで1日を始めます。グレープフルーツには体内をデトックスさせる効果が期待され、さらに新陳代謝を高めると言われています。しかし体を冷やすと言う性質もあるため体を温める高麗人参や棗を取り入れます。棗は美容面での効果が非常に高いと言われており中国では「1日3粒食べれば年をとらない」と言われています。

高麗人参は体を温めて元気の「気」力を体中に潤わします。

2016-02-25-1456367315-1022883-10192.jpg

(ユヒャンが朝一番に飲む韓方茶)

■美容面での症状を改善する為に私がしたこと

私が一番辛かったのは「太りやすい」と言う事です。疲れやストレスが続くとき、咽の違和感を感じるのですが、その症状こそが「甲状腺機能低下しているよ!」と言う体のサインだと思っています。咽の違和感と比例して起こるのが浮腫です。食欲不振なのに体重が増えたり、顔が腫れぼったくなりやすいと言うことがとても辛かったです。

しかし反面に、そんな体質であると言うことで日頃から自分の体と向き合う習慣がつきました。美容面で症状を抑えた私が取り入れた方法です。

■消化に良いスープやお粥をメインにする

■良質なオイルを選択する(ココナッツオイルやアボカドオイル)

■ヨガや気功を取り入れる

■アロマオイルを鼻孔に塗る

■山登り

■無理をしない

2016-02-25-1456367187-9437347-lgf01a201404301900.jpg

「アロマオイルを鼻孔に塗る」と言う事で驚かれた方もいるかもしれませんが、

これは私が一番最短でリラックスできた方法のひとつです。

ここでは100%抽出のアロマオイルを使用されるのが良いかと思います。

ココナッツオイルは咽の違和感や声の枯れの症状がるときスプーン一杯をそのまま口にすることで咽がすっきりしました。

そして「山登り」は、定期的に行くことでとても効果がありました。

東洋医学の考えでは人間も自然の一部です。

韓国と日本を行ったり来たり往路し、コンクリートジャングルで過ごすことが多く、電波の中にいることが多い私にとって、定期的に山や自然豊かな場所に行き、土の上を歩き、自然の風を感じることが最高の栄養になります。少し疲れていても山に行くと体調が整います。

2016-02-25-1456367453-3406441-o08000800129990654101.jpg

(清平寺/韓国・春川にて)

■甲状腺機能低下症との付き合い方

病気と言われるとネガティブなイメージがありますが、私は甲状腺機能低下症になって得たことが多くあります。それは、体調をコントロールする術を学べたと言うことです。

私は基本的に頑張り過ぎてしまう性分なのですが、咽の違和感サインが出たときはライフスタイルを改めて、無理をしすぎず食生活を改善し、心を休める時間を作るということを心がけています。この術は様々な心と身体のネガティブな症状に応用します。

ストレスを感じる前に大自然に行き大地のパワーをもらい、そして日常的に体の代謝を上げ、毒素を排泄しやすい食生活をおくると言う事で、美容面や健康面にも良い影響が出てライフスタイルが豊かになったということです。

身に起こる全てのことは、より良い自分をつくるターニングポイントです。

女性に多い疾患である甲状腺の病を一人でも多くの人に知って頂ければと思います。他の病気の間違えて治療をされる方も多いので、気になる方は一度甲状腺の検査を受診されることをおすすめします。