BLOG

彼女に求められているのは「国籍」ではなく「血」の証明ではないのか

2017年07月14日 22時42分 JST | 更新 2017年07月15日 19時47分 JST

民進党は終わっていくようだ。蓮舫氏に戸籍を示させ説明させるという判断がどれくらいマイノリティにとって攻撃的で、かつ潜在的な党支持層を離反させるものであるのか、それすらわからない状態なのだろう。

蓮舫氏、戸籍謄本の公開を表明 二重国籍問題

蓮舫氏が今、行おう/行わされようとしているのは、「忠誠の誓い」だと思う。日本国に対する、「忠誠の誓い」。

それは、「国籍」の証明をもって行われるとされている。

だが、本当にそうだろうか。真に彼女が問い詰められようとしているのは「国籍」なのだろうか。

問い詰められようとしているのは「血」ではないのだろうか。

私たちは、日本国籍を取得した外国出身アスリートが、いつまでたっても「日本人」扱いされない国に住んでいる。私たちは、米国市民権を取った日本生まれの米国在住のノーベル賞科学者を、なお「日本人」だと思いたがる国に住んでいる。

私たちの社会は「血」こそが忠誠の証明だと、頑なに信じてはいないか。

「血」にこだわる社会は、マイノリティに牙を剥く。部落差別。民族差別。外国人差別。混血児差別。などなどなどなど。

疑いの目を向けられたものたちは、必死で自からの「潔白」を証明しなければならない。

「お前は日本人か?」

「はい、そうです、私は日本人です」

「お前は〈本当の〉日本人か?」

「はい、〈本当の〉日本人です」

「ほんとうにか?それをどうやって証明する?」

関東大震災の時、パニックが起きた。朝鮮の人々が井戸に毒を投げ込んだなどというデマが広がった。

自警団が結成され、道を通る人々を誰何した。お前は日本人か、と。

「十円五十銭と言ってみろ」

災害のパニックの中で、証明書はない。見た目もわからない。自警団は、「朝鮮訛りの日本語」で「証明」を行わせようとした。「ザジズゼゾ」が日本人のように発音できない人々が、多数、虐殺された。殺したのは、軍人でも警察官でもない。市井の、町の日本人である。

「血」にこだわる社会の不寛容さは、危険である。

それは疑いの目を向けられたものたちに、常に潔白の証明を求め、忠誠の誓いを立てさせ、愛国の赤誠を求め続ける。

それは「血」からそもそも外れた者たちの居場所を、あくまでもなくそうとする。

「日本人のあなた」は無関係だろうか?

だれが、どうやってあなたが「日本人」だと証明できる?

いつかどこかであなたに疑いの目が向けられた時、「十円五十銭と言って見ろ」と言われた時、あなたはあなたが「日本人」であると本当に証明できるだろうか。

あなたはきちんと「ザジズゼゾ」と正確に、間違いなく、"日本人のように" 言えるだろうか?

そのときは「十円五十銭」ではない、なにか別のことを聞かれるかもしれない。あなたはその「何か」にきちんと応えられるのだろうか?

聞かれているのは、「血」なのである。そしてその「血」は、DNA鑑定で決着が付くような科学的なシロモノではない。(DNA鑑定をしたら、「日本人たち」の血族的多様性が明らかになるだけである)

忠誠の証明を求めるためにでっちあげられる、曖昧模糊とした「血」。

あなたは、その「血」とやらを、示すことができるだろうか?

「血」の証明を求める社会にしてはいけない。

「血」の証明に対抗する思想は、「形式」による証明である。

国籍を取れば、日本人である。

税金を収めれば、納税者である。

免許を持てば、資格者である。

蓮舫氏はすでに現在「形式」を満たしている。

それ以上求める必要は、これっぽっちもない。

さもないと、蓮舫氏に向けられた「血祭り」の刃は、今にこちらを向くことになる。

「国民ファースト」の世界が、すぐそこで私たちを待っている。

(2017年7月12日「日比嘉高研究室」より転載)