中山祐次郎
中山祐次郎さんの最新投稿情報を受け取る
 
1980年6月生まれ。聖光学院高等学校を卒業後、2浪を経て、鹿児島大学医学部医学科を卒業。その後、都立駒込病院外科初期・後期研修医を修了後、同院大腸外科医師(非常勤)として勤務。現在は福島県双葉郡の高野病院院長。資格は消化器外科専門医、外科専門医、がん治療認定医、マンモグラフィー読影認定医、感染管理医師など。モットーは「いつ死んでも後悔するように生きる」。著書は「幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと〜若き外科医が見つめた『いのち』の現場三百六十五日〜」(幻冬舎)、大腸癌ポケットガイド(医学書院、共著)。

中山祐次郎さんによる記事一覧

ぼっち時代は、心地良さを求める時代である

(1) コメント | 投稿日 2017年06月03日 | 10時06分

なぜ、「ぼっち」を選ぶ人は増えているのだろうか。

記事を見る

【3.11から6年】私が福島で1カ月働いて感じたこと

(0) コメント | 投稿日 2017年03月14日 | 13時26分

福島に住んで働き、感じたこと、聞いたことを書きました。

記事を見る

「東北の湘南」でわたしは高野病院の院長になった

(0) コメント | 投稿日 2017年02月07日 | 12時16分

2017年2月1日から、福島県の福島第一原発から22kmに位置する高野病院の院長として働き始めた。

記事を見る