上沼祐樹
上沼祐樹さんの最新投稿情報を受け取る
1979年生まれ・大阪府出身。10歳で初めて出場したサッカーの試合は、両親が見守るなか0-24の大敗。高校時代に大阪府大会の準決勝進出も0-3敗退。敗因は、応援にかけつけた女子バレー部が気になってしかたなかったため。当時主流だった短いサッカーパンツが気になってしかたなかったため。
ブルボンの「ルマンド」か「バームロール」で迷うが、いつも「ホワイトロリータ」を選んでしまう。なかなか思い通りにいかない。
“クリエイティブ”を軸に、KADOKAWA、ミクシィ、メディアラボなどに所属。

上沼祐樹さんによる記事一覧

プロの"こだわり"が強く反映......、ハローキティに"口"がない理由とは

(0) コメント | 投稿日 2017年01月08日 | 07時35分

長く愛され続けるキャラクターには"ある共通点"があるよう。例えばハローキティやミッフィー、これらにはどのような共通点があると思いますか?

記事を見る

箱根駅伝の珍事、大胆にコースを間違った「寺田交差点」はなぜ生まれたのか!?

(0) コメント | 投稿日 2016年12月30日 | 15時43分

2011年大会もインパクトがある大会でした。ここで生まれたのが「寺田伝説」。

記事を見る

箱根駅伝で20人の"ごぼう抜き"を達成したランナーの意外な結末

(1) コメント | 投稿日 2016年12月30日 | 15時32分

見方を変えると色んな楽しみ方があるのが、この箱根駅伝の魅力なのかもしれませんね。

記事を見る

子どものXmasプレゼント、"親があげたくないもの"をオーダーされた時の考え方

(0) コメント | 投稿日 2016年12月20日 | 13時15分

クリスマスプレゼントや、誕生日プレゼントなど、子どもが得る「嬉しい」という体験。実はこれ、その子にとって大きな影響を与えているようです。

記事を見る

「唯愛」「碧空」「奏夢」、今年人気のキラキラネームは読める? 親が「名前負け」ネーミングをつけてしまう理由を専門家が指摘

(0) コメント | 投稿日 2016年12月16日 | 12時33分

珍奇ネームにこだわる人の心のなかには、『自分はこうでありたかった』『自分にはこれがない』という無力感が働いています。

記事を見る

ランナーにとって「コーヒー」は味方?それとも敵? 物理学博士・元カナダ代表ランナーに学ぶ

(0) コメント | 投稿日 2016年12月13日 | 10時59分

パフォーマンスを向上させるためにレース前、体重60kgの人がコーヒーでカフェインを摂取しようとすると...

記事を見る

「チャラ男」「ビッグマウス」と揶揄される元青学・2区が競技種目を変えた理由

(0) コメント | 投稿日 2016年11月18日 | 11時14分

彼がトライアスリートとしての活動に至った理由と、その「ビッグマウス」の裏側にあるものを探るためお話を聞きました。

記事を見る

サブ4を狙うならレース7~10日前に「6分/1km程度で3時間走」を!! 「超回復」を狙ってレース本番にピークを合わせる

(0) コメント | 投稿日 2016年11月09日 | 10時45分

レースまで残り1週間の過ごし方のポイントは、「超回復の原理を利用し、最高の状態をつくり出す」です。

記事を見る

「朝型ラン」と「夜型ラン」はどっちがカラダに良い? 試してみたいランスタイル

(1) コメント | 投稿日 2016年11月07日 | 16時59分

皆さんがランニングをする時、その時間帯は朝が多いでしょうか、それとも夜が多いでしょうか。

記事を見る

【秋ジブリの放送決定!!】『天空の城ラピュタ』の名シーン「バルス」は、"別のスタイル"のパターンもあった!?

(0) コメント | 投稿日 2016年10月23日 | 08時16分

皆さんの知る「バルス」のシーンは、ラフコンテでは異なっていた?元スタジオジブリ制作進行の木原浩勝さんが語るもう一つの「バルス」。

記事を見る

ドラクエやジャンプとコラボで話題、USJが人気なのは「カレーすき焼き」を作らないから!?

(0) コメント | 投稿日 2016年07月14日 | 17時15分

次々とヒット作を打ち出すUSJ。なぜ、こんなにも話題を作り続けることができるのでしょうか。

記事を見る

生活の中にある何げないメロディ「ファミマ入店音」に隠された"優しさ"と"空虚さ"

(0) コメント | 投稿日 2016年07月01日 | 18時58分

何げないメロディは、発車音以外にも私たちの生活にあふれています。ディズニー、お風呂が湧いたことを知らせるメロディ、横断歩道を渡る時のメロディ...

記事を見る