水野友貴
水野友貴さんの最新投稿情報を受け取る
 
1983年、千葉県我孫子市生まれ。小中学校は米国ロスで育ち、津田塾大学国際関係学科(国際政治・法コース)卒業。東証一部上場企業にて役員秘書を経験後、民放テレビ局報道局にて日経平均・報道番組キャスティング担当。2011年我孫子市議選にて最年少で前回市議選トップの票を上回り初当選。
二元代表制という地方政治の仕組みから一貫して完全無所属で活動。
我孫子市にFacebookを導入するなど、若い世代、女性の政治参画を目指す活動に注力し、我孫子市の魅力発信に寄与。
異例の完全無所属として千葉県議会議員選挙に出馬し当選。現在、千葉県議会女性最年少議員。

水野友貴さんによる記事一覧

【自公、野党統一、無所属候補の三つ巴都知事選】現代の有権者が政治家に求めるものは一体何か?

(1) コメント | 投稿日 2016年07月24日 | 20時49分

都知事選の結果を通し、日本人が心の底から求めている本質的な疑問が露呈する気がする。

記事を見る

千葉県我孫子市で「子ども食堂」が開始~イメージは近所の駄菓子屋さん~

(0) コメント | 投稿日 2016年03月23日 | 19時23分

「単純にあったかいものを食べて子供たちを良い気持ちにさせたかったんです」(石井亜矢さん)

記事を見る

子どもの貧困による国益の損失~結婚・出産編~

(0) コメント | 投稿日 2016年02月18日 | 13時38分

国においては、出産や育児において心理的、社会的に不安を抱えた女性たちが求めている社会環境作りがおろそかになっていると考えざるをない。

記事を見る

子どもの貧困による国益の損失~大学奨学金制度編~

(0) コメント | 投稿日 2016年02月03日 | 17時20分

「子どもの相対的貧困率」は2012年には過去最悪の16.3%までのぼり、実に6人に1人の子どもが相対的貧困状態にある。

記事を見る

<千葉県我孫子市議会議員選挙>過去最低の投票率と変わらない顔ぶれに市民は何を期待するのか?

(0) コメント | 投稿日 2015年11月19日 | 00時44分

投票率は過去最低の44.83%で、初めて50%を割る市議会議員選挙となった。前回の市議選での盛り上がりがここまで萎えてしまった原因を探らなくてはならない。

記事を見る

【地方議会改革】適正な議員定数の判断基準とは?

(1) コメント | 投稿日 2015年10月17日 | 19時18分

市民・県民を第一に考えた施策を着実に実行に移していくことが地方政治の大きな役割なのだと、私は思う。

記事を見る

<後を絶たない政務活動費問題>税金であることを忘れてはならない

(1) コメント | 投稿日 2015年07月29日 | 22時01分

兵庫県議会に端を発し、「政務活動費」が注目を浴びた。簡単に言えば政務活動費というのは、議員の「経費」であり、報酬(給与)とは別に我々議員に支払われるものである。

記事を見る

基礎自治体議員が陥る近視眼政治

(2) コメント | 投稿日 2015年05月25日 | 22時35分

市議時代は我孫子、我孫子、と追われ、木にばかり注目せざるを得ない状況となり、森を見る発想が失われていたのではないか、と電車通勤に戻った今、思うのだ。

記事を見る

無投票を許さない:人生を賭けた地方政治への挑戦

(7) コメント | 投稿日 2015年04月14日 | 21時42分

今回の選挙戦でわかったことがある。市議時代、怠らなかった議会の一般質問と地道な駅頭活動と議会報告を見ていた有権者が「水野ゆうきだけは当選させよう」と動いたということだった。

記事を見る

<迫る統一地方選>初出馬の無所属系女性候補者を待ち構える数々の障壁

(3) コメント | 投稿日 2015年02月07日 | 15時07分

私は地方政治のあるべき姿を反映すべく、意欲ある無所属候補者を支援し、どんどんと輩出していきたい。その為にも地方政治における現状を多くの有権者に知ってもらいたい。

記事を見る

<過去最低の投票率となった我孫子市長選>県内トップクラスの投票率を維持していた我孫子市民が求めているものとは?

(2) コメント | 投稿日 2015年01月21日 | 01時02分

市長選に紐づいて行われるはずだった欠員2名分の我孫子市議会議員補欠選挙は届出が2名しかおらず無投票という結果になった。

記事を見る

女性政治家の進出を阻む一因は「身の危険」

(8) コメント | 投稿日 2015年01月07日 | 17時28分

駅に立ち、街頭で演説をすることが怖くなって出馬を取りやめたり、政治家を辞める人がいる。大抵は女性の話しだ。

記事を見る

本命選挙の前に別の選挙に出馬する裏ワザを見破れるか?!

(2) コメント | 投稿日 2015年01月01日 | 19時46分

「政治家になりたい」が為に2回目の本命選挙に向けて先行して行われる他種の選挙に立候補するとは有権者を愚弄しているとしか言いようがない。絶えず努力をし、市民の為になる政治に汗を流している政治家からしてみればインチキな手法に映る。

記事を見る

低投票率の流れを統一地方選に持ち込む危険性

(2) コメント | 投稿日 2014年12月15日 | 17時38分

地方政治をしていく上で自治体の実情を無視した政策は一切市民の為にならないことから政党や組織はしがらみになることをはっきり表明し、私は無所属を貫いている。しかし、こういった現実を知る有権者は少ない。

記事を見る

〈決まらない最終処分場〉さまよい続ける指定廃棄物

(3) コメント | 投稿日 2014年12月11日 | 12時20分

東京電力福島第1原発事故で高濃度放射性物質に汚染された松戸、柏、流山の3市のごみ焼却灰が手賀沼終末処理場(我孫子市、印西市)に強行搬入されたのは2012年12月21日のことだ。

記事を見る

政治家が抱えるSNSジレンマ

(1) コメント | 投稿日 2014年12月03日 | 17時23分

SNSだが、衆院選も始まり、最近政治家の使い方に対して議論が巻き起こっている。政党ロンダリングや若手政治家が働かないことを記事にしたが、実際に政党を離党したり、動かない政治家が巧妙に情報発信をしているということで、真面目に働く多くの政治家が怒りの声を上げている。

記事を見る

政党ロンダリングが政治不信を招く ~前回はどこの党で立候補・当選しましたか?~

(5) コメント | 投稿日 2014年11月26日 | 13時03分

統一地方選の際に投票する候補者に迷っているならば「前回は何党で立候補・当選しましたか?」という問いの答えは投票行動の判断基準の一つになりうるだろう。そして、現職議員に対しては、選挙を控えたこの1年よりも選挙を意識せずにいる当選直後の前半2年の活動内容をしっかりとネット等で確認しておくべきである。

記事を見る

若い世代の低投票率の原因は働かない若手政治家だった?!

(7) コメント | 投稿日 2014年11月17日 | 13時51分

若者の低い投票率が問題視され始め、投票率向上に向けて様々な取り組みがなされているが、残念ながら結果が出ていない。

記事を見る