Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

雪見 Headshot

Wikipediaを参考文献にして良いかどうか問題

投稿日: 更新:
印刷

以前、ある大学教授先生のレクチャーを聴く機会がありました。

聴くこと全てが新鮮で大変勉強になったのですが、そのレクチャーの中で、教授先生が少し脱線して「最近の学生はレポートの参考文献にWikipediaなんかを引いてきて大変嘆かわしい。ちゃんと論文か本を引いてくれないと」と話される一幕があったんです。

その時は私も一緒に笑い飛ばしていたのですが、何となく違和感を覚えました。

 

「そういえば何で論文や書籍は良くてWikipediaはダメなんだろう?」

って。

 

実際、「Wikipediaの引用はダメ」という価値観は、この教授先生だけでなく、アカデミアでは割りと一般的なもののようです。

学生のレポートで、チャチャっと検索してお茶を濁せるWikipediaの参照というのは、色々文献を引くというプロセスの勉強としてよろしくない、というのは確かに一理あるのでしょうけれど、最近では正式な査読付き学術論文においてもWikipedia引用をするものが増えているのだとか。

 

References that anyone can edit: review of Wikipedia citations in peer reviewed health science literature | The BMJ

 

こうなると、Wikipediaを引いても良いのかどうかというのは、学生に「手抜きするな!」と活を入れる単純な話ではなく、参考文献の意義――ひいては学問体系の在り方そのものを問いかける非常に根源的な問題なのではないかと感じます。

 

今日はこの問題について私なりに考えてみました。

 

■Wikipediaを引いてはダメな理由

Wikipediaを引いてはダメとされる主な理由としては大きく分けて5つあるようです。

 

(1)匿名の不特定多数が編集するので信頼がおけない

「匿名の人が書いたものなんて、無責任でデタラメが書けるし、信頼できない!」というもの。

ブログでも匿名か実名かで議論になることがありますよね。

 

(2)情報が正確でないことがある

「Wikipediaの記述ってけっこう間違ってるから」と、その教授先生もおっしゃってましたし、私自身も「うーん」と思うものを見かけたことがあります。

 

(3)公開される前に編集者や査読者などの他人のチェックを受けていない

書籍なら出版社の編集担当の方、学術論文なら査読者・編集者のチェックが入りますが、Wikipediaではチェックなしに公開できるので、本人だけの主観的な思い込みや間違いが出てしまいやすいというもの。

 

(4)いつでも編集できるので筆者が見た時と読者が見た時に内容が異なる可能性がある

書籍や論文などと違って「固定された版」というものがないので、見る時が違えば内容が様変わりしている可能性があります。すると、「参考文献」と言ってもどう参考にしたのか分からなくなってしまうというもの。

 

(5)直接調べたデータや情報ではなく、誰かがやったものを勝手にまとめた間接的な情報である。

Wikipediaも所詮は百科事典なので、誰かが調べたことをまとめた二次的な情報の集まりでしかありません。なので、Wikipedia記事内で更に参照されてるような数値データや論文・記事・書籍などの一次情報を引用するべきというもの。

 

■ダメじゃない理由?

以上の問題点はいずれもごもっともではあるのですが、議論のためあえて反論してみます。

 

(1)匿名の不特定多数が編集するので信頼がおけない

(2)情報が正確でないことがある

(3)公開される前に編集者や査読者などの他人のチェックを受けていない

残念ながら、実名であってもお金儲けや承認欲求のために有ること無いことを書く方は少なくありません。逆に匿名不特定多数編集者なら私欲無く動くので信頼できるという考え方も可能でしょう。

また、たとえ論文や書籍であっても正確でないものは山のようにありますし、例のSTAP騒動でもそうでしたが、編集者・査読者も完璧ではないので公開前チェックもすり抜けてしまう恐れがあります。

結局、情報の信頼性というのはその出自だけでなく公開後の多数の読者の批判の目に耐えてこそ得られるもので、だからこそ読者も常に「これは誤りかもしれない」という目で情報に当たらないといけません。

ですから、これらの点をもってWikipediaを責めると、かえって「実名だから、査読論文だから、大丈夫」という危険な思考を誘発しかねない気がします。

 

(4)いつでも編集できるので筆者が見た時と読者が見た時に内容が異なる可能性がある

これは確かに問題ですので、修正履歴を保守し、参照時にはいつの履歴かを明示するなどの対策が必要と思います。

ただ、版が固定される書籍や論文は、内容が古くなりやすい弱点があるので、この対策がなされれば逆にWikipediaの方が優位性があると言えるのではないでしょうか。

 

(5)直接調べたデータや情報ではなく、誰かがやったものを勝手にまとめた間接的な情報である。

学術界では既に総説という色んな研究・知見をまとめた論文というのがあり、実際、(実は推奨されてないですが)引用されることは少なくないようです。

なので、「まとめだからダメ」と言ってしまうと、「じゃあ、総説引用も禁止にしないと」とそっちの問題に飛び火してしまい説得力が弱くなってしまいます。

 

■Wikipediaは学問の営みの縮図

色々言いましたが、私は別にWikipedia引用を勧めているわけではありません。

ここでこの議論を取り上げたのは、私にはWikipediaが学問の営みの縮図のように思えたからです。

学問も有名無名の多数の研究者が、時には対立し、時には間違いながら作り上げてきた偉大な知の集合です。

Wikipediaを始めとしたネット上の知だって、同じ構造で立派な学問となりえる可能性はあるのではないでしょうか。ただし、今度は研究者だけでなく皆が参加するものとして。

 

だから、

 

もし、ある時Wikipediaの記述が間違っていると思ったなら――

その時はあなたが直す番が来ただけのこと、

 

そう思うんです。

 

P.S.

字数厳しくて、説明不足かも。。。

(2014年11月30日「雪見、月見、花見。」より転載)

他のサイトの関連記事

ウィキペディア(Wikipedia)

Android版Googleマップがv9.1.0にアップデート、Wikipedia情報 / 天気・気温 / 現地時刻がスポット上で確認可能に

ウィキペディア - Wikipedia