BLOG

「家族」を軸に分かれた夏ドラマ 難役こなした松雪泰子

2014年09月16日 01時24分 JST | 更新 2014年11月13日 19時12分 JST
Junko Kimura via Getty Images
TOKYO - APRIL 16: Actress Yasuko Matsuyuki attends the World Premiere of 'Spider-Man 3' at the Roppongi Hills Mori Tower on April 16, 2007 in Tokyo, Japan.The film opens on May 1 in Japan. (Photo by Junko Kimura/Getty Images)

 猛暑の中を走ってきた「夏ドラマ」。いよいよ秋になり、大団円を迎えつつあります。「刑事モノ」「医療モノ」ドラマはぐんと減り、「不倫モノ」が注目された今クールを振り返ってみると......ドラマに、ある「ものさし」をあててみる。すると面白いように、くっきりと傾向性が二つに分かれてしまう。そのものさしとは、「家族」です。

「家族」を、作り直す方向に描くのか、それとも崩壊していく方向に描くのか。それによってドラマの違いがはっきりと色分けできるのです。前者のドラマの代表が、TBSの『おやじの背中』(日曜21:00)。「父と子」をテーマにした1話完結型のドラマ、全10回。山田太一に鎌田敏夫、倉本聰......そうそうたる脚本家たちの名前が並ぶ。俳優やストーリーは毎回変わっていっても、父の思い出や存在感を描き「家庭」の価値を父を通して最評価する、という意味では一貫している。

 もう一つ、フジテレビの『若者たち2014』(水曜22:00)も、家族の可能性やその価値を描き出そうという意欲に満ちています。『おやじの背中』と『若者たち2014』。ともに、「家族」の愛や絆を再評価するドラマ。それだけではありません。局をあげての制作・番宣、数々のスポット広告。つまり、局自体が力を入れまくった企画である点も共通しています。演出家や脚本家などキーマンの年齢層が高い、という点でも似通っています。もしかしたら、「失われた時を求めて」ということでしょうか。

 さて、それとは正反対に「家族」の崩壊を描く方向のドラマ--。中でも話題を集めているのが『昼顔~平日午後3時の恋人たち』(フジテレビ系木曜22:00 )。

 夫とは別の男に恋する主婦・平日昼顔妻を上戸彩が演じる。相手役の教師は、今一番色っぽいと人気を集める斎藤工。さらに、専業主婦・利佳子(吉瀬美智子)と画家・加藤(北村一輝)という異色カップルが存在感を放つ。荒々しく動物的に求め合う二人。当然ながら、それぞれの「家庭」は不倫によって崩壊していきます。

 もう一本の不倫ものが『同窓生~人は、三度、恋をする』(TBS系木曜21:00)。40歳を迎えた男女が中学の同窓会で再会し、恋が再燃する。ちょっとベタな設定のレトロ調トレンディー風ドラマ。恋愛に燃えて走っていく男女それぞれの家庭は、やはり崩壊中。

 ということで、同じ時代に、テレビという同じ表現媒体で流れるドラマなのに、「家族」をめぐってこうも正反対のベクトルで作られること自体が面白い。家族「肯定」型のドラマは、視聴者層としてアクティブシニアを狙ったか? 子どもも巣立ち、夫婦間の葛藤も終わりを迎えている世代は、今こそ平和的な家族の思い出に浸りたい気分かも。

 一方の家庭「崩壊」型ドラマのターゲット層は、やはりアラフォー世代? まだまだ子育ての最中、夫婦は葛藤と緊張のただ中にある世代。そんな30~40代女性に不倫ドラマが人気。夫のいない間を見計って録画したドラマをこっそり見ては、ハラハラドキドキ。ストレスを解消して癒される主婦も多いとか。いずれにせよ、「家族」を軸にドラマの傾向性・対比がはっきりと浮かび上がってくることが、今期のドラマの特色ではないでしょうか。

 最後にもう一つ。「家族」の「崩壊と再生」を描き異彩を放ったドラマがあります。TBS『家族狩り』(金曜22:00)。ネット上でも高い評価が目立ちます。が、個人的にはグロい描写が多すぎてその世界観になかなかのめりこめなかった。

 家族や親子の不信を通して時代の病巣をえぐり出そう、という意欲は買う。けれど、あそこまで血が流れたり暴力的で極端な出来事を、直接見せつける形でしか家族のドラマを描けなかったのだろうか、そんな疑問も残りました。

 ただし、大きな収穫もあった。主役を演じた松雪泰子の力量には脱帽。認知症の父と介護に疲れた母を抱える児童心理司という、リアル感満載の難しい役。 その女性が一家心中事件と向き合っていくストーリー。松雪さんにしかできない、重たい役柄。その演技に、説得力をビンビン感じました。この役者の力は、さらに炸裂しそう。今後の活躍を期待したい。「家族の激しい崩壊ぶり」とともに、希望も見えた。松雪泰子は今期ドラマの大いなる収穫でしょう。         

出典「NEWS ポストセブン」 9月13日(土)