BLOG

ルイ・アームストロングの名曲「この素晴らしき世界」に秘められた想い

2015年11月02日 17時19分 JST | 更新 2016年11月01日 18時12分 JST

音楽療法のインターンだった頃、ハーブという患者さんに出会った。

ハーブは末期のアルツハイマー病を患っていて、自分の名前さえ思い出せなかったのに、音楽だけは覚えていた。昔好きだった曲を聴くと笑顔になり、時には音楽によって記憶をとりもどすようなことさえあった。ハーブの大好きな曲が、「この素晴らしき世界」だった。

ハーブのストーリーは『ラスト・ソング』で紹介した。

彼との出会いから数年後、ケリーという60代の女性に出会った。彼女の旦那さんは、末期のパーキンソン病でホスピスのケアを受けていた。ケリーは毎日のように面会に来ていて、音楽療法のセッションにも参加していた。

ある日、セッション中に「この素晴らしき世界」を唄った。すると、ケリーはすすり泣きをはじめた。何か思い出したのだろうか? 曲が終わった後、ケリーは涙をぬぐいながら言った。

「この歌を聴くと、ベトナム戦争を思い出すの」

「ベトナム戦?」

「そう。『グットモーニング、ベトナム』という映画を観たことがある? あなたは若いから知らないかもしれないわね。でもいつか観てほしいの。なぜこの歌がベトナム戦争を思い出させるのか、わかると思うわ」

「グットモーニング、ベトナム」は、1987年に公開されたベトナム戦争を描いた映画だ。ロビン・ウィリアムスが空軍のDJ役を演じ、アカデミー賞を受賞した。

映画のワンシーンで「この素晴らしき世界」が流れる。民間人が無差別に殺され、兵士たちも次々に戦死する中、ロビン・ウィリアムス演じるDJが、この曲をかける。


1967年にレコーディングされたこの曲は、ベトナム戦争の真っ只中で緊迫していた当時のアメリカの人々に、希望を与えた。それと同時に、「この素晴らしい世界」で人間が行っていることに関しての政治的なメッセージも含まれていたのだ。

緑の木々が見える

赤いバラも

君と僕のために咲いているんだ

なんて素晴らしい世界なんだろう

真っ青な空や白い雲が見える

輝かしい祝福の昼

そして暗く神聖な夜

心から思うよ

なんて素晴らしい世界なんだろう

ケリーとの出会いで、私はこの曲に秘められたメッセージを初めて知った。

そして、ハーブのことを思い出した。彼は第2次世界大戦で戦った退役軍人だった。悲惨な戦争を経験した彼にとって、この曲には特別な意味があったのかもしれない。

「この素晴らしき世界」は、普段当たり前だと思っていることが、一番美しくかけがえのないものであることを教えてくれる。

(「佐藤由美子の音楽療法日記」より転載)

ラスト・ソング 人生の最期に聴く音楽』(ポプラ社)
LastSongOriginalBorder.jpg