Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

安達裕哉 Headshot

「実力はないのに、自信だけはある人」をどう扱うか

投稿日: 更新:
印刷

いわゆる「自信過剰な人」は、結構多いようだ。
例えば、どの職場においても人事評価の時期になると、管理職や経営陣から、
「あいつは、なんでこんなに自信があるんだ。何もしていないのに」であるとか、
「イマイチな人ほど、自己評価が高い」というような話が聞こえてくる。

だが、自信がある事自体は特に悪いことではない。「自信を持て」であるとか、「自分を信じるんだ」といったフレーズは頻繁に用いられており、「相手から好印象を持たれる話し方」のようなノウハウ本には、「自信をもつことが大事」と書かれていない物を探すほうが難しい。

だから、「自信がある人」が非難されるのは、多くの場合は「自信過剰な場合」、すなわち「その自信に根拠がない場合」だ。

具体的には、
「実績を作っていないのに、自信だけはある」
「努力をしていないのに、自信だけはある」
といったような場合だろう。

さて、このような人物をどう扱うか。悩んでいる人は多いと感じる。
そして、多くの場合、自信が問題となる状況は

・人事評価と高い自己評価の間に乖離がある場合
・自分で進んで勉強しない場合

など、他者が「もっと謙虚になりなさい」と諭したい状況が多いだろう。

しかし、結論から言うと、「謙虚になれ」と諭しても、謙虚になってはもらえない。

「日本人は謙虚さを重んじる」と言われることが多いが、これは対外的なコミュニケーションを取る時の技術に過ぎず、本心は非常にプライドが高い人々だ。NHKの調査でも、半数以上の人々が、「日本人は他国に比べて極めて優れた素質を持っている」と考えている。(社会実情データ図録)

また、内閣府の調査でも「自分は中流」と考える人が半数以上いることを見ると、「私なんて、大したことありません」という人の多くは、本心ではそう思っていないと見ていいだろう。

だから、「本当に謙虚な人など、ほとんどいない」というのが、現実であり、むしろ、そのほうが納得できる。
なぜなら、謙虚さとは、「本物の自信」から生まれるものだからだ。それ相応の努力を行い、実績を積み上げた人だけが、心から「私なんてまだまだです」と言えるのだ。

だから、「本当に謙虚な人々」(要するに実績があり、努力もし、真の自信のある人々)は、「根拠のない自信過剰」を責めてはいけない。自信過剰はその人の精一杯の自己防衛であり、拠り所なのだ。否定すればするほど、対立は深まる。

上位者は評価する際に「根拠の無い自信に溢れている人」を見ると、つい諭したくなるが、そんな時間の無駄はやめて、淡々と「努力の量」と「実績」で評価をすればよい。
もしかすると上位者の言葉に「私の自信は根拠のないものだったのですね」とその人が感銘を受け、改心するかもしれない。が、大抵は翌日になればケロッと忘れている。

根拠の無い自信であることは、本人も遅かれ早かれ気づく。ただ、それには時間がかかるし、自分で気づく以外にそれを克服する方法はない。
「私はその人の自信過剰を変えられる」なんて上位者が思う事自体が、自信過剰だということだ。

(2013年8月19日 Books&Appsに加筆・修正)

他のサイトの関連記事

「日本と韓国は期待外れ」中国紙W杯総括

ロシアでの期待値をしなやかに受け入れるジェイミソン

おデブ解消!「バナジウム」でむくみしらずの細身ボディになる秘策

若いハイテク長者、自社株の持ちすぎは禁物