BLOG

保守系政治ニュースのバイラルメディア「IJReview」、米国で一気に頭角を現す

2014年04月13日 01時06分 JST | 更新 2014年06月11日 18時12分 JST

政治ニュースのバイラルメディアIJReviewが驚異的な伸びを示している。Quantacastの調査によると、3月の月間ユニーク数が約2000万に到達し、この7カ月の間に10倍近くも増やしている。

default

 Quantcastが測定した月間ユニーク数(モバイルユーザー数+オンラインユーザー数)、月間ユニークユーザー数、月間ビジット数を以下に示す。昨年の9月からの増え方がすさまじい。また際立つ変化としては、半年前まで少数派であったモバイルユーザーが今や2/3近くも占めるようになったことだ。

default

(ソース:Quantcast)

 ソーシャルメディアでの拡散効果により急伸したのだが、特にフェイスブックでのバイラルが目覚ましく多くのユーザーをサイトに誘導したようだ。IJReviewの記事が、フェイスブックでどれくらい"いいね!"されたり、"コメント"されたり、"シェア"されたか、その総数の推移は次のようになる。以下のグラフはNewsWhipにより毎月公表されるデータをプロットしたものである。この4カ月だけで総数(月間Interaction数)が8倍も増えている。3月の月間記事本数が630本だったので、記事1本あたり平均して1万8500回ものInterctionを起こしていることになる。

default

(ソース:NewsWhip)

 ソーシャルメディアが政治的分極化に拍車をかけているとよく言われている。ネットでは好きなものしか接触しない傾向が強まっており、保守系ニュースサイトとリベラル系ニュースサイトが分断され、それぞれの閉じた中だけで「いいね!」を交わし合いながら拡散し、増幅していく流れが見られる。保守系の政治ニュースサイトであるIJReviewが急浮上したのも、そうした流れに乗ったのだろうか。米国の保守系政治ニュースサイトとして、Fox News, The Blaze, The Drudge Report, Newsmaxに次ぐ5番手に早くものし上がってきた。

 IJReviewの昨日の記事例を示す。

default

 いかにもバイラル狙いの記事つくりである。このようなバイラルメディアがすぐには政治の世界で大きな影響力を及ぼさないだろう。でも、若者を中心に一般大衆が、伝統的なマスメディアよりもソーシャルメディアなどを介してニュースを選び閲覧するようになってきているだけに、バイラルメディアを介して政治ニュースと接触する機会も増えてきそうだ。

◇参考

The Biggest Facebook Publishers of March 2014(NewsWhip Blog)

TOP 50 NEWS POLITICS SITES BY U.S. TRAFFIC: IJREVIEW CLIMBS TO #5 CONSERVATIVE WEBSITE(Before It's News)

◇関連記事

戦国時代突入のバイラルメディア、早くも淘汰始まり急落するサイトも

爆発的に急成長するバイラルメディア、バブルなのか本物なのか

異常なほどの成長を誇示するバイラルメディアの新星がまた出現

最もソーシャルなニュースサイトはどこか?、BuzzFeedかHuffPostか

爆発的なバイラルを実現する「BuzzFeed」、NYタイムズと組んで米大統領選報道も

(2014年4月12日の「メディア・パブ」から転載)

あの人も参加していた!Social Media Week Tokyo 2013 画像集