BLOG

モバイルユーザー、相変わらず接触時間の半分をゲームかフェイスブックに熱中

2014年04月04日 23時51分 JST | 更新 2014年06月04日 18時12分 JST

米国のモバイルユーザーのモバイルアプリ利用率が、今年に入って86%とさらに高くなった。そのモバイル利用時間の約半分が、ゲームかフェースブックに費やされている。これは米調査会社Flurryが、今年1月から3月に実施した測定結果である。

 米国の平均的なモバイルユーザーは、毎日2時間42分もモバイルデバイスを利用している。1年前(2013年3月)の2時間38分に比べ4分ほど増えている。その利用時間のうち86%がアプリを利用している。1年前の80%からさらにアップしている。逆にモバイルウェブ(ブラウザアプリ)の利用比率が14%に減っている。

default

モバイルデバイス(iOS端末+Android端末)で利用されているアプリケーションの内訳は、利用時間のシェアで比べると、次のようになる。ゲームが32%、フェイスブックが17%となっている。米国のモバイルユーザーは、利用時間(2時間42分)の半分をゲームかフェイスブックに没頭していることになる。この傾向は1年前とほとんど変わらない。フェイスブックを含んだソーシャル/メッセージ・アプリケーションのシェアは28%と、昨年の24%から4%アップした。またエンターテインメント・アプリケーションはYouTubeを含むと8%となり、昨年の4%から大幅に増えた。逆に仕事にも関連するプロダクティビティ・アプリケーションとなると、利用時間シェアは昨年の4%から今年は2%に落ち込んだ。やっぱりモバイルデバイスは、ますます楽しむためのメディアとなってきている。

default

モバイル広告市場では、広告費のシェアでグーグルが49%、フェースブックが18%と、2強で約6割も占めている。利用時間のシェアでは、グーグルは18%に過ぎないのだけど、検索広告の強さをモバイル市場でも発揮していることになる。

default

◇参考

Apps Solidify Leadership Six Years into the Mobile Revolution(Flurry Blog)

(2014年4月2日の「メディア・パブ」から転載)

あの人も参加していた!Social Media Week Tokyo 2013 画像集