NEWS
2013年11月18日 02時53分 JST

GHQの内部文書で日本の絞首刑「不適切」「より人道的な方法に変えるべき」と指摘

第2次大戦後、日本を占領していた連合国軍の総司令部(GHQ)の内部文書で、国内での絞首刑の執行方法が「不適切」と判断されていたことがわかった。人道上の観点から短時間で死に至らしめ、死刑囚の苦痛を減らすよう、日本政府の見解をただすと記載されていた。文書を見つけた関西大学法学部の永田憲史准教授は「日本の絞首刑が、60年以上前から問題点を指摘されていたことが裏付けられた」としている。

JIJI

このエントリは、期限切れになった

関連記事

Photo gallery 真珠湾攻撃の写真集 See Gallery