ニュース
2013年11月17日 16時25分 JST | 更新 2013年11月17日 16時27分 JST

TPP交渉、アメリカが関税全廃を要求 年内妥結は不透明に

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、米国が日本にすべての輸入品の関税をなくすよう求めていることが分かった。日本が例外扱いを求めているコメなどの農産品「重要5項目」も、20年以上の猶予期間をつくるなどして撤廃するよう要求。米国の想定外の強硬姿勢に日本政府は反発を強めており、年内妥結は不透明さを増している。

Michael Froman, U.S. trade representative, left, shakes hands with Akira Amari, Japan's minister of state for economic and fiscal policy, during a photo session ahead of their meeting in Tokyo, Japan, on Monday, Aug. 19, 2013. The 11 nations participating in the Trans-Pacific Partnership (TPP) negotiations are seeking to create an economic zone with $26 trillion in annual output. Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg via Getty Images
Bloomberg via Getty Images
Michael Froman, U.S. trade representative, left, shakes hands with Akira Amari, Japan's minister of state for economic and fiscal policy, during a photo session ahead of their meeting in Tokyo, Japan, on Monday, Aug. 19, 2013. The 11 nations participating in the Trans-Pacific Partnership (TPP) negotiations are seeking to create an economic zone with $26 trillion in annual output. Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg via Getty Images

このエントリは、期限切れになった

関連記事

Photo gallery楽天マンガニュース「いまさら聞けない!TPPのヒミツとリスク」 See Gallery