NEWS
2014年03月16日 18時27分 JST | 更新 2014年03月17日 00時05分 JST

小林可夢偉がスタート直後にクラッシュ F1オーストラリアGP

EPA時事

F1オーストラリアGP決勝が3月16日、メルボルンで開かれた。日本人ドライバーの小林可夢偉(ケータハム)にとっては2年ぶりの復帰戦となったが、スタート直後の1コーナーのブレーキがうまくかからず、前を行くウィリアムズのフェリペ・マッサに激突。予選の結果、14番手からのスタートだったが、決勝は1周も走ることなく無念のリタイアとなった。

Photo galleryF1オーストラリアGP決勝【2014年】 See Gallery

優勝はメルセデスのニコ・ロズベルグ。2位にはレッドブルのダニエル・リカルドが、オーストラリア人ドライバーとして初の母国表彰台を飾ったが、燃料に関する違反で失格となった。

3位に入り、F1デビューと同時に表彰台に上がることになったマクラーレンの新人ケビン・マグヌッセンが2位に繰り上がることになった。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています


Photo gallery2014年の奇妙なF1マシン See Gallery
Photo gallery小林可夢偉の画像集 See Gallery