NEWS
2014年06月11日 18時22分 JST | 更新 2014年06月11日 18時28分 JST

「かつてここは、戦場だった」ノルマンディー作戦、今と昔をつなぐ写真に揺さぶられる(画像集)

ノルマンディー上陸作戦から70周年を迎えた。過去と現在の変化を描く力強い作品から、あの日、恐怖と闘いながら決死の行動をとった英雄たちの存在が浮かび上がってくる。あの日、世界が変わったのである。

Reuters

ノルマンディー上陸作戦から70周年を迎えた。最終的に第二次世界大戦でのナチスドイツに対する勝利へつながった作戦である。過去と現在の変化を描く力強い作品から、あの日、恐怖と闘いながら決死の行動をとった英雄たちの存在が浮かび上がってくる。あの日、世界が変わったのである。

1944年6月6日、連合軍の兵士たちはDデイのため、ノルマンディーの海岸に降り立った。ここから、6年にわたる破壊的な戦闘が終結に向けて動き出した。

戦時中のイギリス首相ウィンストン・チャーチルが「疑う余地なく、これまでで最も複雑で困難」と語った作戦において、D-デイは80日間におよぶ解放作戦の始まりとなった。300万の軍隊が動員され、25万人の命が失われた。

今や、Dデイの上陸作戦の語り部はほとんどいない。しかし今、この上陸作戦に伴った犠牲と英雄的行為に思いをはせる時、現在、ノルマンディーのビーチで太陽をいっぱいに浴びる観光客たちの姿は、この「史上最大の作戦」で描かれた光景と、あまりに対照的である。

※一部、亡くなられた方が写った画像があります。閲覧にはご注意ください。


2014年のDデイには、何千人もの人々、そして減り続ける退役軍人たちも、上陸作戦ゆかりのビーチ、墓地、村々に集まった。

上陸作戦にかかわったイギリスの退役軍人たちがこの日、戦死した友たちに敬意をささげた。エリザベス女王も出席した、胸を打つノルマンディー記念式典である。

デビッド・キャメロン首相、ニック・クレッグ副首相、エド・ミリバンド労働党党首、そして約400名のイギリス連邦軍部隊がバイユー大聖堂にて英国在郷軍人会の式典に出席した。

キャメロン首相は、ノルマンディーの記念式典への出席は「これ以上ない感動的な」ことで、1944年6月6日の英雄たちの行いに対し、何も行う必要のなかった自分たちの世代は「謙虚な気持ちに」と述べた。

「畏敬の念を抱かせる。謙虚な気持ちにさせる。しかし何よりも、驚くほど勇敢な人々の行為に対し、特別な恩義を感じさせる」

キャメロン首相は言う。退役軍人たちは今も「誇りに満ちて歩みを進め、ここに来て、自らの行為を思い出すことに歓喜を抱いている」と。

ゲストにはフランス首相マニュエル・ヴァルス、およびオーストラリア首相トニー・アボットの姿もある。彼らはみなノルマン・ロマネスク様式の大聖堂-バイユーのタペストリーが元々あった場所-に集まったのである。D-デイ記念式典の最高潮を印付けるものとなるべき日に。

式典のはじめに、英国在郷軍人会のノルマンディー従軍牧師であるパトリック・アーウィン師が、集まった人々に語りかけた。「この式典において、わたしたちはDデイにおける大きな犠牲を思い起こします。本日70周年を迎えるのです」

「戦死者たちに敬意を捧げ、退役軍人たちを熱烈にお迎えし、その勇気と献身に心からの感謝を申し上げましょう」

「これはイギリスの墓地であり、ここに眠る死者のほとんどはイギリス人です。しかしDデイにかかわったのは様々な国の方々であり、この場所は多くの国々を代表しているのです」。牧師は続ける。「ここには様々な国の兵士たちが共に和して横たわっておられます。共に、恩義と悲しみと敬意を抱いて、私たちは彼らの記憶をたたえます。安らかに眠られんことを」

English

Photo gallery ノルマンディー上陸作戦 写真集 See Gallery