NEWS
2014年06月20日 19時14分 JST | 更新 2014年06月20日 22時03分 JST

ワールドカップ日本代表、ギリシャ戦・得点できなかった理由をデータで探る

6月20日、FIFAワールドカップブラジル大会、日本代表の2戦目、ギリシャ戦が行われ、0−0の引き分けとなった。攻め続けながら天を取れなかった理由はどこにあるのか、データで紐解いた。

TOSHIFUMI KITAMURA via Getty Images
Japan's Italian coach Alberto Zaccheroni gestures during a Group C football match between Japan and Greece at the Dunas Arena in Natal during the 2014 FIFA World Cup on June 19, 2014. AFP PHOTO / TOSHIFUMI KITAMURA (Photo credit should read TOSHIFUMI KITAMURA/AFP/Getty Images)

6月20日、FIFAワールドカップブラジル大会、日本代表の2戦目、ギリシャ戦が行われ、0−0の引き分けとなった。ボール保持率は日本68%、ギリシャ32%(FIFA公式)、シュート数18本を放った日本。攻め続けながら点を取れなかった理由はどこにあるのか、データで紐解いた。

ゲームを大きく分けたのは、相手選手の退場だろう。ギリシャは退場になって一人減ったことによって、4−4−1の布陣にして守りぬくことを選び、日本は攻めあぐむこととなった。退場までの時間は完全に日本の目指す形が続いており、前半のうちにものにしていれば、楽なゲームになったかもしれない。

相手が退場になったあと、攻めきれなかった原因は攻撃の選択肢の少なさだ。

守りを固めた相手にはミドルシュート、ドリブルでの仕掛け、ワンツーでの崩し、サイドをえぐってマイナス方向のパスなどが有効だが、日本はギリシャに真ん中を固められて得意の細かいパス回しを封じられると、空いた左右からひたすらクロスを放り込む攻めに終始してしまった。中で守備が待ち構え、高さもある相手に、単純にクロスを上げ続けるだけではなかなか苦しい。攻撃が行き詰まる中、空いたサイドを崩すドリブラー、たとえば齋藤学の投入や、縦にボールを入れられる青山の投入なども考えられたが、ザッケローニ監督は最後の交代カードを余したまま試合を終えた。この采配も議論を呼びそうだ。

その中で光ったのは右サイド。大久保は開いたスペースを見つけては動きまわり、ミドルシュートにドリブルの仕掛けにボールキープと、相手の嫌がることをし続けた。内田も点にはつながらなかったが、たびたび右サイドをえぐる攻撃をしかけていた。

コートジボワール戦から通じるのは「プランB」の乏しさで、得意の崩しの形ができなくなると途端に行き詰まってしまう。これではなかなか得点を奪うのは難しい。

最終戦を残した日本にとって、ギリシャがモチベーションを維持した状態でコートジボワール戦に臨むこと、コロンビアが勝ち抜けを決めて日本戦に臨むこと、この2つが望みだ。

コロンビア戦、日本は勝つしかない。どんなサッカーが見られるだろうか。

【ワールドカップ関連の記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています