イスラエル人の一部には、ポップコーン片手にガザ空爆を見物している不届き者もいる(画像)

イスラエル人の若者たちがガザ地区境界付近にある丘の頂上に集まり、ポップコーンを片手に、すぐ近くで行なわれている空爆を眺めながら歓声をあげるところを撮影した写真がツイッターに投稿された。

イスラエル軍による、パレスチナ自治区ガザ地区への攻撃が続いている。そんな中、イスラエル人の若者たちがガザ地区境界付近にある丘の頂上に集まり、ポップコーンを片手に、すぐ近くで行なわれている空爆を眺めながら歓声をあげるところを撮影した写真がツイッターに投稿された。

撮影地点は、イスラエル南部の都市スデロットで、ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスによるロケット弾攻撃を頻繁に受けている場所でもある。撮影者は、デンマーク「Kristeligt Dagblad」紙の記者アラン・ソーレンセン氏だ。

ソーレンセン記者はその光景を、まるで野外の映画上映会のようだったと表現した。ここ1週間ほど続いているイスラエル軍によるガザ地区空爆の様子を見渡せる良い場所を探していたときに、たまたま人が集まっているところに行き当たったのだという。

「私はジャーナリストですから、状況をより詳しく把握するために、イスラエル軍がガザ地区を空爆する様子を見渡せる場所を探していました」。ソーレンセン記者は、7月11日に写真を投稿した後、フランスのニュース専門チャンネル「France 24」に対してそう語った

「人々がこの丘について話していたので、激しい攻撃のあった晩に行ってみました。丘のふもとにたくさん車が駐車されていたので驚いたのですが、頂上にのぼると、60人くらいが集まっていました。立っている人もいれば座っている人もいましたが、折りたたみ式の椅子に座ってリラックスしている様子に驚きました。水タバコを吸っている人たちもいましたし、野外の映画上映会に参加しているかのようにポップコーンをほおばっている人たちもいました」

「爆撃が行われると拍手が起こる」

「ハマスをやっつけるイスラエル軍を見に来たんだ」。イスラエルに住む22歳のアメリカ人、エリ・チョネ氏はソーレンセン記者にそう話した。「周りの人を見てほしい。彼らはこの町の住民で、毎日のように攻撃を受けている。イスラエル軍が平和を実現させるのをみんなで座って見ているんだよ」