NEWS
2014年11月05日 20時00分 JST | 更新 2014年11月05日 20時28分 JST

余命わずか 脳腫瘍を患った19歳の少女、コートに立つ【動画】

11月2日、ローレーン・ヒルは夢を叶えた。ローレーンはアメリカ、オハイオ州の大学に通う19歳。手術ができない脳腫瘍を患い、余命はあと数か月だ。だが、彼女は所属する大学の、バスケットボールの試合に出た。1万人を超える観客の前で、2本のレイアップシュートを決め、66対55の勝利に貢献した。健康状態を考えれば、彼女自身も、チームメイトも、そして敵チームの選手でさえも、神経質にならざるを得ない状況だったが、それでもローリーンはプレーを楽しんだ。そして、二度と忘れられない瞬間になった。

lauren hill

「素晴らしかった! 自分の足でコートを踏みしめ、コートの響きを自らの耳で聞いて……大学の試合に出ることは夢だったんです。自分自身のためにやっているわけじゃないんです。私に生きる力を与えてくれる、みんなのためにやっているんです」とローレーンは言う

確かに彼女は、支えられている。チームメイトたちは、22番の背番号がついたユニフォームをローリーンに送った。それだけではない。みんなのメッセージが入ったポスターやら寄せ書きも。「ローリーン 22」と書かれたものもあった。

2日、ローリーンは22番のユニフォームに袖を通し、そしてシュートを決めた。その瞬間だけかもしれないが、彼女は病人ではなかった。ひとりの、バスケットボールプレーヤーだった。

ローリンは言う。「バスケットが大好き。本当に今日は幸せで……すごくいい日だった。すごく」。

Lauren Hill


ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています