NEWS
2014年12月17日 00時11分 JST

根室は街が浸水 北海道は「数年に一度の猛吹雪」のおそれ【画像】

急速に発達する低気圧の影響で大雪に見舞われている北海道。根室市では高潮被害が発生し、浸水被害が発生したという。

2つの発達した低気圧の影響で、北海道は12月18日にかけて各地で雪と猛烈な風に見舞われる見通しだ。札幌管区気象台は17日午前11時5分、オホーツク海側では数年に一度の猛吹雪となるおそれがあると発表。猛吹雪や大雪によって、見通しがまったくきかなくなり、車の運転が困難になるなどの状況になるおそれがあるとしており、外出は控えて、暴風・高波に厳重に警戒するよう呼びかけている。

NHKによると、北海道では東部などを中心に19市町村の合わせて5000カ所余りで停電が発生。また、非常に強い風の影響で、根室市では住宅の屋根の一部が剥がれる被害が出たり、窓ガラスが割れたりする被害が出ているという。

ウェザーニュースによると、同市では高潮被害が発生し、浸水被害が発生したという。市は一部の地域に対し、避難勧告を発令した。ネットには地元の状況が、続々と投稿されている。

北海道防災情報のページはこちら

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています