NEWS
2014年12月23日 15時53分 JST

韓国原発の情報流出 朴大統領「深刻な事態」

South Korean President Park Geun-Hye delivers her budget speech at the National Assembly in Seoul on October 29, 2014. Park vowed to make efforts to quickly clinch free trade deals with China, New Zealand and Vietnam, saying a free trade deal is a strong foothold in increasing South Korea's exports and expanding foreign investments.  AFP PHOTO / JUNG YEON-JE        (Photo credit should read JUNG YEON-JE/AFP/Getty Images)
JUNG YEON-JE via Getty Images
South Korean President Park Geun-Hye delivers her budget speech at the National Assembly in Seoul on October 29, 2014. Park vowed to make efforts to quickly clinch free trade deals with China, New Zealand and Vietnam, saying a free trade deal is a strong foothold in increasing South Korea's exports and expanding foreign investments. AFP PHOTO / JUNG YEON-JE (Photo credit should read JUNG YEON-JE/AFP/Getty Images)

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は23日、同国の原子力発電所のコンピュータシステムに不正侵入があり、情報が流出したことについて、国家の安全保障にかかわる問題で容認できない「深刻な事態」と述べた。

大統領府によると、朴大統領は閣議で「原発は、国民の安全に直接影響する安全保障上、最重要施設である」とし、そうした施設から情報が流出したことを「深刻な事態」と指摘した。

この問題では、23日これに先立ち韓国当局者が、北朝鮮のサイバー攻撃の可能性を排除していない、と述べている。

[ソウル 23日 ロイター]