NEWS
2014年12月25日 18時25分 JST | 更新 2014年12月25日 18時31分 JST

小保方晴子氏の論文、新たな不正認定 「STAP細胞は別の万能細胞」理研調査委

Bloomberg via Getty Images
Haruko Obokata, a researcher at Riken research institution, attends a news conference in Osaka, Japan, on Wednesday, April 9, 2014. Japans Riken research center said on April 1 some data were falsified in a pair of studies that had outlined a simpler, quicker way of making stem cells. Obokata, who had led the studies, told reporters today she was able to replicate STAP stem cells more than 200 times. Photographer: Tetsuya Yamada/Bloomberg via Getty Images

STAP細胞論文を巡る問題で、理化学研究所(理研)の調査委員会は12月25日、小保方晴子元研究員らが発表した論文の主な結論は否定され、その証拠となった緑に光るマウスなどは、別の万能細胞が混入したか、混入で説明できることが科学的な証拠で明らかになったとする報告書をまとめた。NHKなどが報じた。 

すでに不正認定された画像以外に、新たに2件の図表類にも、小保方元研究員による不正があったと認定したという。

理研は、STAP細胞の論文にねつ造と改ざんの2つの不正があると認定した後、新たな疑義が指摘されたため調査委員会を設置し、小保方元研究員が保管していた細胞や実験のオリジナルデータなどを詳しく調べてきた。

新たに不正と認定された1つは、細胞の増殖率を比較するグラフで、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発を発表した山中伸弥・京都大教授の論文(2006年)中のグラフと酷似していると指摘されている

調査委員会は、STAP論文の結果は「ES細胞の混入」によって説明できるとした。

論文に示された緑に光るマウスやテラトーマと呼ばれる細胞組織などは、すべてES細胞が混入したか、混入によって説明できることが科学的な証拠で明らかになったとしています。

そのうえで、これだけ多くのES細胞の混入があると過失ではなく故意である疑いが拭えないが、誰が混入したかは特定できないと判断したとしています。

「STAP細胞は別の万能細胞」 理研調査委 NHKニュースより 2014/12/25 15:02)

理化学研究所は26日、午前10時から都内で会見し、詳しい調査結果について明らかにするという。

【関連記事】

小保方晴子氏の記者会見画像集(2014年4月9日・大阪)

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています