NEWS
2015年01月23日 18時13分 JST | 更新 2015年01月23日 18時14分 JST

イスラム国人質事件、殺害警告の期限過ぎる 政府に接触なし

菅義偉官房長官は23日午後の会見で、過激派組織「イスラム国」による人質事件をめぐり、「厳しい状況にある中、2人の解放に向けて全力で関係各国に協力を要請中」と述べた。

Reuters

菅義偉官房長官は23日午後の会見で、過激派組織「イスラム国」による人質事件をめぐり、「厳しい状況にある中、2人の解放に向けて全力で関係各国に協力を要請中」と述べた。犯行グループ側が示した72時間の期限は過ぎたが、日本政府への接触はないという。

この問題は、過激派組織のイスラム国が日本人の湯川遥菜さんと後藤健二さんを人質に取り、2億ドルの身代金を要求しているもの。政府はイスラム国がインターネット上に投稿した動画を20日午後に確認し、期限を日本時間の23日午後2時50分ごろとみて対応を進めてきた。

ただ、期限を過ぎた時間になっても、イスラム国側から日本政府に向けたメッセージなども「特別ない」(菅官房長官)状態で、政府は引き続き2人の解放に向けて関係各国に協力を要請していく方針だ。

(梅川崇)

Photo gallery イスラム国人質事件 See Gallery