NEWS
2015年01月30日 01時37分 JST | 更新 2015年01月30日 01時45分 JST

イスラム国から奪還した町コバニ、戦闘後の中心部はいま(画像)

1月26日(現地時間)、クルド人民兵組織はイスラム国との激しい戦いの末、トルコとの国境に近いシリア北部の町アインアルアラブ(クルド名「コバニ」)を奪還したと宣言した

南部の郊外では今も空爆や地上戦が行われている模様だが、コバニの町自体は4カ月ぶりに比較的落ち着きを取り戻した。

イスラム国との戦闘の象徴的な町となっているコバニは、アメリカを中心とした連合軍からの数百回にのぼる空爆の標的となり、一連の戦いで2000人のイスラム国戦闘員が殺されたと報じられている。

戦闘の後、町は壊滅的に破壊された。辺りには銃弾の痕が散在し、多くの建物が爆撃され瓦礫と化している。

「AFP通信」のフォトジャーナリスト、ビュレント・クルチ氏が撮影した貴重な現地の写真から、クルド人の勝利に終わった戦闘後の町並みやクルド人兵士たちの姿などを見ることができる。

kobani

コバニの街で子供を抱くクルド人兵士。2015年1月28日撮影。(Photo: Bulent Kilic/AFP/Getty Images)

kobani

コバニの街に残る迫撃砲の薬きょう。2015年1月28日撮影。(Photo: Bulent Kilic/AFP/Getty Images)

kobani

コバニの街で携帯電話で話すクルド人兵士。2015年1月28日撮影。 (Photo: Bulent Kilic/AFP/Getty Images)

kobani

コバニの街の東部をチェックしながら、無線で通話する男性。2015年1月28日撮影。(Photo: Bulent Kilic/AFP/Getty Images)

kobani

花瓶になっている砲弾の薬きょう。2015年1月28日にコバニで撮影。 (Photo: Bulent Kilic/AFP/Getty Images)

kobani

戦いで瓦礫と化した街の通りを横切る猫。2015年1月28日にコバニで撮影。Photo: Bulent Kilic/AFP/Getty Images)

kobani

戦いで破壊されたコバニの様子。2015年1月28日に撮影。(Photo: Bulent Kilic/AFP/Getty Images)

kobani

コバニ中央部にある建物の瓦礫を歩くクルド人兵士。2015年1月28日撮影。 (Photo: Bulent Kilic/AFP/Getty Images)

kobani

コバニ中心部を歩くクルド人兵士たち。2015年1月28日撮影。(Photo: Bulent Kilic/AFP/Getty Images)

kobani

コバニ中心部を歩くクルド人兵士たち。2015年1月28日撮影。 (Photo: Bulent Kilic/AFP/Getty Images)

kobani

コバニ中心部にいたクルド人の子供たち。2015年1月28日撮影。(Photo: Bulent Kilic/AFP/Getty Images)

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:湯本牧子/ガリレオ]

シリアでの戦い(2015年1月)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています