NEWS
2015年02月08日 18時49分 JST | 更新 2015年02月08日 18時57分 JST

ウクライナ内戦 破壊された街にたたずむ戦車の残骸(画像集)

ドネツク近郊のブーレヒレスクの町は、政府と親ロシア派による内戦の激戦地となった。

ANDREY BORODULIN via Getty Images
A pro-Russian rebel walks next to a destroyed tank on February 7, 2015 in the eastern Ukrainian town of Vuglegirsk in the Donetsk region. Kiev on on February 7 accused pro-Russian Ukrainian separatists of massing forces for fresh offensives, with seven civilians and five soldiers killed in the latest fighting in the east. AFP PHOTO/ ANDREY BORODULIN (Photo credit should read ANDREY BORODULIN/AFP/Getty Images)

ウクライナの内戦は2014年9月の停戦合意が守られず、各地で戦闘が激化。ドイツ、フランスが仲介役となって、2月6日から和平交渉を提案している

ドネツク近郊のブーレヒレスクの町は、政府と親ロシア派による内戦の激戦地となった。倒壊した建物や戦車の残骸があふれ、通りには政府軍兵士の遺体も見られる。

戦闘前には8000人ほどが暮らしていたこの町も、残っている人は数少ない。2月現在、町の大部分は親ロシア派によって占拠されているという。以下は、6日に撮影された写真だ。

  • ANDREY BORODULIN via Getty Images
  •  (AP Photo/Petr David Josek)
  • ANDREY BORODULIN via Getty Images
  • ANDREY BORODULIN via Getty Images
  • ANDREY BORODULIN via Getty Images
  • ANDREY BORODULIN via Getty Images
  • ANDREY BORODULIN via Getty Images
  • ANDREY BORODULIN via Getty Images
  • ANDREY BORODULIN via Getty Images
  • (AP Photo/Petr David Josek)
  • ANDREY BORODULIN via Getty Images
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています