NEWS
2015年02月10日 15時40分 JST | 更新 2015年02月10日 15時42分 JST

小保方晴子氏は「懲戒解雇」 理研が見解を発表

理化学研究所(理研)は、小保方晴子・元研究員について「懲戒解雇」に相当するという見解を発表した。

Bloomberg via Getty Images
Haruko Obokata, a researcher at Riken research institution, speaks during a news conference in Osaka, Japan, on Wednesday, April 9, 2014. Japans Riken research center said on April 1 some data were falsified in a pair of studies that had outlined a simpler, quicker way of making stem cells. Obokata, who had led the studies, told reporters today she was able to replicate STAP stem cells more than 200 times. Photographer: Tetsuya Yamada/Bloomberg via Getty Images

理化学研究所(理研)は、2月10日、小保方晴子・元研究員について「懲戒解雇」に相当するという見解を発表した。小保方氏は既に理研を依願退職しているため懲戒処分の対象者ではないが、仮に任期制職員として在籍しているとした場合の処分のあり方について検討を行った。実質的な処分はできないという。

STAP細胞の問題を受け、理研は関係者の処分を検討していた。論文の共著者の若山照彦氏については出勤停止相当、丹羽仁史氏は厳重注意とした。また、論文発表時に小保方氏が所属していた発生・再生科学総合研究センター(現多細胞システム形成研究センター)の竹市雅俊・元センター長は給与の10分の1(3カ月)の自主返納を行うこととした。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

Photo gallery 小保方晴子氏の記者会見画像集(2014年4月9日・大阪) See Gallery