NEWS
2015年03月03日 01時31分 JST

Twitter幹部らを投稿で脅迫、「イスラム国」関与か

複数のメディアによると、米短文投稿サービスのツイッターと米当局は、同社の共同創業者や従業員に向けて過激派組織「イスラム国」が投稿したとされる脅迫文について調査している。

reuters

[ワシントン 2日 ロイター] - 複数のメディアによると、米短文投稿サービスのツイッターと米当局は、同社の共同創業者や従業員に向けて過激派組織「イスラム国」が投稿したとされる脅迫文について調査している。

ニュースサイトのバズフィードと米NBCテレビによると、イスラム国の支持者らは1日、ネット上の投稿で、ツイッターとその利害関係者に対する殺害の脅迫も含めた攻撃を呼びかけたという。

CNBCテレビとバズフィードによると、ツイッターは1日遅くに出した声明で、「われわれのセキュリティー・チームは関係する法執行機関とともに、これらの脅迫の信ぴょう性について調査している」と表明した。

NBCによると、1つの脅迫文はツイッターの共同創業者ジャック・ドーシー氏に向けられたものだった。

イスラム国はツイッターなどのソーシャルメディアを主な情報発信の手段としてきたが、ソーシャルメディア運営会社は人質の殺害を含む陰惨なコンテンツを投稿するアカウントを停止し、そのようなコンテンツを削除している。