NEWS
2015年03月04日 20時02分 JST

コアラ700頭、極秘で殺処分 オーストラリアの州政府

オーストラリア南東部のビクトリア州政府が、増え過ぎたコアラを「間引き」するため、686頭を秘密裏に殺処分していたことが明らかになった。

Sylvain Cordier via Getty Images
Koala Phascolarctos cinereus Queensland . Australia Order: Diprotodontia Family: Phascolarctidae

オーストラリア南東部のビクトリア州政府が、増え過ぎたコアラを「間引き」するため、686頭を秘密裏に殺処分していたことが明らかになった。現地紙の「オーストラリアン」が3月4日に報じた。

国内全体では5〜10万頭に激減しており、州政府の判断に批判の声が上がっている。

コアラの殺処分が行われたのは、オーストラリア南東部ビクトリア州の観光名所、ケープ・オトウェイ。2013年9月から14年3月にかけて3回に分けて行われた。8000頭ものコアラが過密状態で生息し、エサとなるユーカリの葉が減少していたという。

ビクトリア州政府のネビル環境相は4日、「エサ不足による餓死を避けるには不可欠な措置だった」と主張し、批判にもかかわらず今後も殺処分を続ける考えを示した

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

Photo gallery 人類が滅ぼした絶滅動物 See Gallery