NEWS
2015年03月04日 16時16分 JST | 更新 2015年03月04日 16時18分 JST

ビジャリカ山が大噴火 チリで3000人以上避難(画像)

チリ南部のビジャリカ山が3月3日未明に噴火し、溶岩を夜空に噴き上げた。

チリ南部のビジャリカ山が3月3日未明に噴火し、溶岩を夜空に噴き上げた。噴煙は上空3000mまで達した。BBCによると、周辺住民ら3000人以上が避難を余儀なくされたという。

首都サンティアゴの南方約750kmに位置する標高約2800mのビジャリカ山は、南アメリカで最も活発な火山の一つで、大規模な噴火は15年ぶり。チリ政府が直ちに厳戒態勢を敷き、火口から半径10キロ圏内を立ち入り禁止とした。

バチェレ大統領は警察や軍幹部と緊急の会議を開催。被災地域を訪問する考えを示したという。

(ARIEL MARINKOVIC/AFP/Getty Images)

(ARIEL MARINKOVIC/AFP/Getty Images)

(ARIEL MARINKOVIC/AFP/Getty Images)

(AP Photo/ Aton Chile)

(AP Photo/Aton Chile)

(Photo credit should read ARIEL MARINKOVIC/AFP/Getty Images)

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています