NEWS
2015年03月17日 19時00分 JST

任天堂とDeNAが提携 スマホゲームを共同開発へ

任天堂<7974.T>とディー・エヌ・エー(DeNA)<2432.T>は17日、資本・業務提携を発表した。両社は約220億円の株式を相互に持ち合うと共に、スマートデバイス向けゲームアプリを共同開発する。

YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
Dozens of Pikachu characters, the famous character of Nintendo's videogame software Pokemon, parade at the Landmark Plaza shopping mall in Yokohama, suburban Tokyo on August 14, 2014. The Pikachu mascots walk around daily to attract summer vacationers as a part of the 'Great Pikachu Outbreak' event through the weekend. AFP PHOTO / Yoshikazu TSUNO (Photo credit should read YOSHIKAZU TSUNO/AFP/Getty Images)

任天堂<7974.T>とディー・エヌ・エー(DeNA)<2432.T>は17日、資本・業務提携を発表した。両社は約220億円の株式を相互に持ち合うと共に、スマートデバイス向けゲームアプリを共同開発する。

任天堂にとっては、これまでアクセスできなかった幅広いユーザーに顧客層を広げることができるほか、DeNAはモバイルゲーム事業を強化できると判断した。

両社は任天堂のゲーム専用機だけでなく、パソコンやスマートフォン、タブレットなどのデバイスに対応した基幹システムを構築する計画で、同システムを使った会員制サービスを今年秋に開始する計画だ。

株式の持ち合いは、それぞれの自己株を相手に割り当てる形で行う。これにより、任天堂はDeNAの発行済み株式総数の10.00%(1508万1000株)を保有する株主となり、DeNAは任天堂の1.24%(175万9400株)を保有する株主になる。払込期日は4月2日。

(江本恵美 編集:山川薫)

[東京 17日 ロイター]

関連記事

Photo gallery 任天堂 ゲーム コスプレ 画像集 See Gallery