NEWS
2015年03月17日 18時36分 JST | 更新 2015年03月17日 19時07分 JST

任天堂の全く新しいゲーム専用機「NX」とは 岩田聡社長「情熱を持ち続けている」

任天堂の岩田聡社長は3月17日の記者会見で、DeNAとの業務・資本提携を発表したが、この中で任天堂が独自のゲーム専用機「NX(仮称)」の開発をしていることを明らかにした。

任天堂の岩田聡社長は3月17日の記者会見で、DeNAとの業務・資本提携を発表したが、この中で任天堂が独自のゲーム専用機「NX(仮称)」の開発をしていることを明らかにした。

岩田社長のNXに関する発言は以下の通り。

■「ゲーム専用機ビジネスに対する情熱を持ち続けている」

岩田社長:任天堂がスマートデバイスでゲームビジネスを展開することにしたのは、ゲーム専用機ビジネスに対する情熱や展望を失ったからではありません。むしろどうやって、スマートデバイスを活用するかを決めたことで、今まで以上に、これからのゲーム専用機ビジネスへの情熱や展望を持っています。

ゲーム専用機に展開されている素晴らしい価値のあるゲームソフトについて、世界中のより多くのお客様に認知してもらうきっかけを作るために、スマートデバイスを活用するこのアプローチが合理的だと思って決断しました。

ちなみにゲーム専用機ビジネスに対する情熱を持ち続けていることの一つの証明として、今のビジネス環境に適合するために任天堂は全く新しいコンセプトのゲーム専用機プラットフォームを開発コード「NX」として現在開発中です。

今は具体的なことをお話しできる段階ではありませんが、詳細は来年にお話できると思います。

スマートデバイスは最も間口が広く、多くのお客様とつながる可能性が高いデバイスと言えます。そこでお客様をゲーム専用機にいざなうことができるように、スマートデバイスとゲーム専用機の間に架け橋をかけていきたいと考えています。そしてスマートデバイスを通じて任天堂とつながり、任天堂IP(知的財産)に興味を持っていただいたお客様には、よりプレミアムなゲームプレイ体験を任天堂ゲーム専用機を通して提供したいと思っています。

このような方針を採ることによりスマートデバイスに参入することでゲーム専用機のビジネスが縮小するのではなく、より広い間口でお付き合いする世界中のお客様に任天堂IPの魅力に触れていただき、スマートデバイスとゲーム専用機が限られた需要を奪い合うのではなく、新しい需要を作り出して相乗効果を生めると確信しております。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

Photo gallery 東京ゲームショウ2014画像集 See Gallery