ストリートアートに永遠の命を。Googleが保存する6大陸のコレクションが凄い【画像集】

ストリートアートは、この世でもっともはかない芸術作品のひとつといえるかもしれない。そうした作品たちを保存するのが、「Googleアートプロジェクト」だ。

ストリートアートのファンなら、お気に入りの作品がなくなってしまうことに慣れているのではないだろうか。ストリートアートは、それが計画して描かれた作品であろうが自然と出来上がった作品であろうが、もしくは依頼されて作られた作品であろうが違法な作品であろうが、この世でもっともはかない芸術作品のひとつといえるかもしれない。そうした作品たちを保存するのが、「Googleアートプロジェクト」だ。

世界中の美術館のコレクションや歴史的写真を検索できるGoogleのバーチャルミュージアム『Google Cultural Institute』のプロジェクトであるGoogleアートプロジェクトは、2014年6月にストリートアートの保存を開始し、フランスのインティ、チュニジアのエル・シード、アルゼンチンのナーフといったアーティストの作品を保存してきた。そしてその作品数は、2015年3月に1万点に達した。

6つの大陸にわたるコレクションは、これまで消えゆく運命にあったストリートアートを保存し、展示する場となっている。例えばカリフォルニア州パサデナにあるケニー・シャーフの壁画は、現実の世界ではすでに塗りつぶされ、別の新しい作品に場所を譲ってしまったかもしれないが、デジタルの世界ではいまも生き続けている。

作品が展示されているウェブサイトには、作品の制作者名が明記され、それぞれの場所に実際に存在していた時期が記されている。作品のダウンロードはできない。

さらに、ウェブサイトではオーディオツアーやオンライン企画展示も体験できるほか、アーティストにまつわるオリジナルのストーリーも読むこともできる。

また、地図上の「Surprise Me!」ボタンをクリックすると、世界各地のアート作品がランダムに表示されて見る者を驚かせてくれるし、「GIF-ITI」というセクションにある壁画をマウスオーバーすると、静止画が動くアートに変わる仕掛けが楽しめる(これはアーティストINSAによって有名になったコンセプトだ)。

あまり注目されていないが、TwitterやFacebook、Tumblr、Instagramといったソーシャルメディアも、以前からストリートアート保存に取り組んでいた。けれどもGoogleのアートプロジェクトの方がより整理してまとめられている。デジタル世界で「永遠の命」を与えられた作品たちの一部を、ここでご紹介しよう。

マヤ・ハヤック
マヤ・ハヤックによる壁画。メリーランド州ボルチモアのステーション・ノース芸術娯楽地区にて、マーサー・クーパーが撮影。\n
ダシック・フェルナンデス
ダシック・フェルナンデスによる壁画。ロイス・スタフスキー撮影。各地から著名なアーティストを招いてエリア一帯をグラフィティ・アートを描いてもらう、ニューヨークの「ブッシュウィック・コレクティブ」にて。\n
ブレンダン・モンローとキャンディバード
再開発されたハワイの元倉庫街「カカアコ」にあるブレンダン・モンローとキャンディバードによる壁画。毎年開催されるグラフィティのイベント「パウワウ・ハワイ」で撮影。\n
カバイオ
カバイオによる壁画。ニューヨークにてロイス・スタフスキーが撮影。
"This City is Dope(この街は麻薬だ)"
テキサス州オースティンのサウスオースティン大衆文化センターに描かれた「This City is Dope(この街は麻薬だ)」\n
エシフの壁画
エシフによる壁画。「前よりずっといい感じになったね」と書かれている。メリーランド州ボルチモア、ステーション・ノース芸術娯楽地区にてデイビッド・ミューズが撮影。\n
ジェイラス「エイヴリー」の壁画
ジェイラスによる壁画「エイヴリー」。ニューヨーク州ロチェスターにあるフェダー工業地区にて、「ウォール/セラピー」のマーク・デフが撮影。\n
リミックスの壁画
リミックスによる壁画。ニューヨークのブッシュウィック・コレクティブにてロイス・スタフスキーが撮影。\n
ケースの壁画
ケースによる壁画「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア」。ニューヨークのパーク・アベニュー地区にて「ウォール/セラピー」のエリック・S・リーマンが撮影。\n
ニキータ・ノメルツ
ニキータ・ノメルツによるTFコーナーストーンの壁画。ニューヨークで行われている「ウォータータンク・プロジェクト」より。\n
フィリップ・アダムス
フィリップ・アダムスによる壁画「産業の光:オートリーブ醸造所」。2014年のフィラデルフィア市壁画アートプログラムにて、スティーブ・ウェイニクが撮影。\n
ローンと、アーロン・デ・ラ・クルスによる壁画
ローンと、アーロン・デ・ラ・クルスによる壁画。グラフィティのイベント「パウワウ・ハワイ」で撮影。\n
ハウ&ノスムの壁画
ハウ&ノスムによる壁画「パーソナル・メロディ」。2012年のフィラデルフィア市壁画アートプログラムにて、スティーブ・ウェイニクが撮影。\n
ベルリンの壁
カリフォルニア州ロサンゼルス、ウィルシャー・ブルバードにあるベルリンの壁の一部。
サボタージュ・アル・モンタージュ
サボタージュ・アル・モンタージュによる「壁画の家」。ルイジアナ州バトンルージュ、パブリックアート美術館にて。\n

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:梅田智世、合原弘子/ガリレオ]

世界中の25人のストリートアーティスト

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています