NEWS
2015年03月25日 23時48分 JST | 更新 2015年03月26日 21時03分 JST

ティクリートを空爆 アメリカ主導の有志連合がイラク軍を支援

米国が主導する有志連合は25日、イラク北部の要衝ティクリートで過激派組織「イスラム国」を攻撃目標とする空爆を実施し、イラク軍などの攻撃を支援した。複数の当局者が明らかにした。

Reuters

[バグダッド/ワシントン 25日 ロイター] - 米国が主導する有志連合は25日、イラク北部の要衝ティクリートで過激派組織「イスラム国」を攻撃目標とする空爆を実施し、イラク軍などの攻撃を支援した。複数の当局者が明らかにした。

ティクリート奪還作戦に対する空爆支援は、有志連合とイラク軍、およびイランが後ろ盾となっているイスラム教シーア派民兵組織によるこれまでで最大規模の協力となり、イスラム国との戦いは新たな局面を迎えた。また、空爆には少なくともイラク政府の暗黙の了解があったとみられる。

米国防当局者は匿名を条件に、数日間の偵察機による調査を経て選定した最大12カ所の目標に対して攻撃を開始したと明らかにした。