NEWS
2015年03月25日 20時51分 JST

ロシアの野望、砕け散る 国連で同性愛の待遇改善を阻止しようとするも否決

国連総会第5委員会(予算・行政)は3月24日、同姓結婚した国連事務職員への待遇改善策を撤回するよう求めたロシアの提案を、反対多数で否決した。

JOE KLAMAR via Getty Images
UN General Secretary Ban Ki-moon (L) and Austrian transvestite singer Conchita Wurst wave at the United Nations headquarters in Vienna, on November 3, 2014, as they meet on the occasion of UN chief's speech on tolerance and the rights of homosexuals. Thomas 'Tom' Neuwirth, better known by his drag stage persona Conchita Wurst, came to international attention when winning the Eurovision Song Contest 2014 with the song 'Rise Like a Phoenix'. AFP PHOTO/JOE KLAMAR (Photo credit should read JOE KLAMAR/AFP/Getty Images)

国連総会第5委員会(予算・行政)は3月24日、同姓婚をした国連事務職員への待遇改善策を撤回するよう求めたロシアの提案を、反対多数で否決した。朝日新聞デジタルなどが伝えている。

これまでは、国連職員の国籍国が同性婚を認めていない場合、職員が同性婚をしても、配偶者が国連の健康保険に加入できないなどの差別があった。潘基文(パンギムン)事務総長は待遇を改善する方針を決め、国連が昨年7月に発表していた。

同性婚職員の待遇改善維持 ロシアの撤回要求を国連否決:朝日新聞デジタルより 2015/03/25 13:36)

BBCによると、ロシア、中国、インドやイスラム諸国など38カ国が賛成したが、80カ国の反対で否決された。

投票後、アメリカのサマンサ・パワー国連大使は「ロシアは国連事務総長の権威を傷つけ、LGBTへの敵対心を国連に持ち込もうとした」と非難した。

ロシアのペトロ・イリチョフ国連大使代理は投票に先立ち、国連が「文化的な違いや、各国の主権などを尊重する」方針に立ち返るよう求めていた。

ロシアは2013年6月に「同性愛宣伝禁止法」を制定するなど、国内で同性愛者の権利拡大に否定的なことで知られる。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

Photo gallery 東京レインボープライド2014 See Gallery