NEWS
2015年03月31日 01時01分 JST | 更新 2015年03月31日 01時01分 JST

チュニジアで1万2000人が犠牲者を追悼 バルドー博物館テロ事件(画像)

チュニジアの首都チュニスで3月29日、18日に発生したバルドー博物館襲撃事件の犠牲者を追悼するデモ行進が行われた。

3月29日、チュニジアの首都チュニスで18日に発生したバルドー博物館襲撃事件の犠牲者を追悼するデモ行進が行われ、チュニジアのカイドセブシ大統領やフランスのオランド大統領、イタリアのレンツィ首相などが各国首脳の他、1万2000人の市民が参加した。

18日の事件では日本人3人を含む外国人観光客21人とチュニジア人警官1人の計22人が死亡した。

イギリスの新聞「ガーディアン」によると、デモに参加したサミア・ブーカリさん(32)は、「テロリズムに異議を申し立て、バルドー博物館で起きたことがチュニジアを象徴するのではないことを世界に示すために今日ここに来た」と述べた。

通りにはチュニジアの国旗と、「世界はバルドーとともにある」というスローガンであふれた。

朝日新聞デジタルによると、チュニジアのシド首相は29日、襲撃事件を主導したイスラム武装組織「ウクバ・ビン・ナーフィウ旅団」の指導者ハーレド・シャイブ容疑者を殺害したと発表した。これまでに犯行現場で実行犯2人が殺害され、20人あまりが逮捕されている。

Photo gallery チュニジア 反テロ抗議デモ 2015/03/29 See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています