NEWS
2015年04月01日 17時33分 JST | 更新 2015年04月02日 15時03分 JST

トランスジェンダーで初めて「母校の星」に選ばれた若者、自ら命を絶つ

2014年にノースカロライナ州シャーロットの高校で憧れのホームカミング・キングに選ばれた18歳のトランスジェンダーの活動家、ブレイク・ブロッキントンさんが3月23日に死亡した。死因は自殺とみられる。

wcnc.com

アメリカの高校や大学には卒業生を母校に迎えてフットボールやダンスなどさまざまなイベントを楽しむ「ホームカミング」という伝統的な行事がある。この行事では投票によってキングとクイーンが選ばれるが、学業にも運動にも優れ人気者の証しであるこの「母校の星」に選ばれることは生徒たちにとっての憧れだ。

2014年にノースカロライナ州シャーロットの高校で、その母校の星であるホームカミングキングに選ばれた18歳のトランスジェンダーの活動家、ブレイク・ブロッキントンさんが3月23日に死亡したと地元新聞のシャーロット・オブザーバー紙が報じた。死因は自殺とみられ、ハフポストUS版もブロッキントンさんが通っていたLGBTの支援センター、タイムアウト・ユースセンターに彼の死を確認した。

「彼は、LGBT運動や社会正義を守る活動でリーダー的な存在でした」と、タイムアウト・ユースセンターのセンター長、ロドニー・タッカー氏は語った。「私たちはみなショックを受けており、深く悲しんでいます」

ブロッキントンさんが2014年にノースカロライナ州の高校でトランスジェンダー初のホームカミングキングになったことは、大きなニュースになり注目を集めていた。下記の動画には彼がホームカミングキングに選ばれた時のインタビューが写っている。

地元のNBC系テレビ局の取材に対し「これまで、男性と対等に扱われることはありませんでした。だから周りからは無理だと言われていたけれど、それでもずっとホームカミングキングになりたいと思っていました」と彼は語っている。「たとえ人生で困難に直面したり、否定されるようなことがあったとしても、人生に不可能なことはありません。心に決めたことは何でもできます」

「自分はずっと男性だと感じていた」というブロッキントンさんがトランスジェンダーであることを告白したのは高校1年生の時だ。

2015年1月に掲載したシャーロット・オブザーバー紙の記事の中では、彼は友人や家族に自分が受け入れられる難しさについて赤裸々に語り、他のトランスジェンダーの若者たちに援助を求めるように強くすすめた。

「多くのトランスジェンダーの若者に、あなたは一人ぼっちではない、他にももっと大勢のトランスジェンダーの仲間がいるということを知って欲しいと思っています」と、記事中の動画で彼は語っている。

ブロッキントンさんはまた、ホームカミングキングに選ばれた後にネット上で受けた悪意に満ちたコメントについても話している。

「トランスジェンダーとして生きてきた人生の中で最も辛い経験でした。ネット上で本当に嫌なことを言われ、世の中にはこんなに心が狭い人たちがいるのかと思いました」

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Photo gallery 東京レインボープライド2014 See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています