ライフスタイル
2015年04月04日 18時19分 JST | 更新 2015年04月04日 20時58分 JST

つんく♂、声帯摘出で声失ったと告白 「私も1回生。皆さんと一緒です」

つんく♂さんががんの治療のため声帯を摘出して声を失ったことを明かした。ブログも更新し、現在の状況を記した。

音楽プロデューサーのつんく♂さん(46)が4月4日、母校の近畿大学で開かれた入学式にゲストとして登場し、がんの治療のため声帯を摘出して声を失ったことを明かした。つんく♂さんが声を発することはなく、スクリーンにお祝いのメッセージが流されたという。

スポニチによると、メッセージには「なぜ、今、私は声に出して祝辞を読み上げることができないのか…それは、私が声帯を摘出したからです。去年から喉の治療をしてきていましたが、結果的に癌が治りきらず、摘出するより他なかったから一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました」と、衝撃の告白が書かれていたという。

つんく♂さんは2014年3月、喉頭がんを公表し治療に専念。約半年間の放射線治療などを経て、9月25日にがんの「完全寛解」を報告したが再発が見つかり、10月に喉頭がんの手術を受けていた。祝辞メッセージでは「また振り出しです」と、悔しさをにじませながらも、自身の決意とともに、新入生への励ましの言葉も添えられていたという。

私も声を失って歩き始めたばかりの1回生。

皆さんと一緒です。

こんな私だから出来る事。

こんな私にしか出来ない事。

そんな事をこれから考えながら生きていこうと思います。

皆さんもあなただから出来る事。

あなたにしか出来ない事。

それを追求すれば、学歴でもない、成績でもない、

あなたの代わりでは無理なんだ という人生が待っていると思います。

 

「後悔しても意味がない」 声帯摘出のつんく♂さん:朝日新聞デジタルより 2015/04/04 14:03)

入学式の後、つんく♂さんは自身のブログを更新。1月半ばからキックボクシングを始めたことや、現在の心境を綴った本を執筆中であることなどを伝えた。そして、改めて近畿大学だけでなく全国の新入生、そして新社会人へ向けて、つんく♂さん流のメッセージを記した。

「お互いファイト!」

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

喉頭がん